俺が映画サークルで女の子を盗撮してMVを撮影していた話/第1話『軍旗はためく下に(1972)』

 8月も終盤に差し掛かったころ、俺はサークルの先輩の撮影の手伝いに来ていた。映画の内容は映画サークルに所属する主人公とヒロインの恋愛話。今年で卒業する先輩の思い出をそのままシナリオにしたかのような15分ほどの作品だ。自主映画というのはその規模などから、内容は個人的なものになりやすい。
 撮影場所は先輩が一人暮らしをしているアパート。ワンルームの狭い部屋だ。部屋の隅には酒の空き缶や脱 散らかした服が寄せられている。撮影のために急遽掃除したのだろう。男子大学生の部屋という感じだった。
 撮影の参加者は俺と先輩以外に役者が男女一人ずつ、狭いアパートというのもあって人数は最小限だった。
 昼過ぎから開始した撮影は順調に進んだ。先輩とは別の方向からカメラを回すのが手伝いとしての俺の役目だった。先輩と俺が同時に別アングルから撮ることで、少しでも編集の素材を増やそうというのが狙いだ。俺は先輩の指示に従いひたすらにカメラを回す。それがいくらダメな画だと思っても、自分の映画ではないので特に意見することもなかった。なんで俺がここにいるのか、撮影の途中で何度も疑問に思った。この映画の話を面白いとも思えないのでなんの学びにもならない。
 しかし、自分がこれ以上のものを作れるかと問われたらまったく自信がない。先輩は4年というだけあって撮影に慣れており、その進行はスムーズだった。カットの繋がりも意識して、編集で繋がるように撮影できている。俺はそれすらできない。
 先輩の映画はつまらないが無難だった。それを腹の底で見下しまくってやりたいが、自分はそのレベルにすら至っていないのがどうしようもなく辛い。現実と理想にギャップがありすぎる。
 先輩は俺に言う。
 「※※は映画けっこう見てるんだからさ、もうちょっとアングルとか意見あるだろ?」
 先輩は映研に入ったことがきっかけで、一ヶ月に一本は映画を見るようになったと前に言っていた。
 「先輩の撮影上手いですから、僕から言うことないんですよ」
 そう言いながら俺は、何か意見があるんだろうけど恐縮して言えないフリをした。熱意はあるけど先輩相手に言いづらいんだという雰囲気を全力で醸し出す。本当は指示通りに回すだけで手一杯で、自分の意見なんかなかった。
 仮に何かいい演出を思いついたとしても言う気もない。それを実際やってみたところで、まったく面白くない可能性が高いから。俺は講習会の撮影で完全に自分の映画作りのセンスを信じられなくなっていた。
 やがて夕方になり、必要なシーンをあらかた撮り終える。先輩は主人公が一人歩くシーンを撮るため、男の役者と一緒に外へ出ていった。その間、俺は撮影した映像を確認して撮るべきものが撮られているか、抜けがないかをチェックするのを頼まれた。
 そうして先輩と役者が出ていったところで俺は気づいた。
俺は今、女の子と二人きりになっている。部屋には俺と、この映画でヒロインを演じている同期のCさんの二人しかない。
 Cさんは俺と同い年ながら小さいタレント事務所に所属しており、モブ役でCMなどにも出演しているらしかった。今日まで会話は部室で会えば会話を交わす程度。身長が高く、おそらく160後半はあるだろうか。ぱっちりとした二重で、俳優志望を名乗ってもおかしくない顔をしている。美人というよりはかわいい系。髪型は首のあたりまで伸びたボブカットで、前髪もきっちり切り揃えられている。こんな女が彼女だったならと思わざるをえない。
 俺は今日撮影した映像を脚本と照らし合わせながら黙々と確認していく。退屈そうにスマホをいじる Cさん。会話はない。
瞬間、天啓のようにある映画の存在を思い出す。
 『劇場版テレクラキャノンボール2013』という映画がある。
 俺は数日前、ある男からこの映画をオススメされ鑑賞した。
 劇場版テレクラキャノンボール2013とはAVを劇場用に再編集したドキュメンタリー作品だ。6人のAV監督が決められた都市間をバイクや車で競争し、その到着順を競う。そしてたどり着いた都市でナンパ、テレクラ、出会い系サイトなどを使い素人女性との絡みを撮影。この絡みでどこまでヤれたかと前述のレースの結果を合わせてポイント化。いちばんポイントを稼いだ男はAV女優2人とセックスできるという内容だった。
 俺はこの作品に衝撃を受けた。短期間でナンパハメ撮りを繰り返し、それをドキュメンタリー映画化している男たちがいる。俺もいつかこんな風にゆきずりの女とハメ撮りができればどれほどいいだろうか。
 いつか女にカメラを向けてみたい。そう思っていた。そういえば、講習会で撮ったのは男だけだった。
 今なら、やれるかもしれない。
 目の前に無防備な女。
 Cさんは座ってスマホを見るばかりで、こちらは警戒されていない。俺はカメラを録画確認モードから撮影モードにこっそり切り替える。大丈夫、バレてない。
 カメラ内の映像を確認するふりを続けながら、レンズの位置を微妙にずらす。Cさんを画角の中に捕捉。
 あとはこの撮影ボタンを押すだけだ。
 一瞬、良心の警告。本当にこんなことしていいのか? これじゃあまるで盗撮だ。俺はそんなことをするために映研に入ったわけじゃない。
 その時、数週間前に見た『軍旗はためく下に』を思い出す。
 あの映画は映像で戦場の地獄を再現することによって、観客に真実を突き付けようとしていた。『テレクラキャノンボール』も同じだ。そこにはナンパハメ撮りだからこそ見える様々な女性の生活感、生々しさがあった。
 映画には映像によって真実を知らしめる力がある。
 そうだ、これは盗撮じゃない。
 一人の女子大生の日常の瞬間、そこにあった真実を捉えるだけなのだ。
 これから俺が行う行為は間違いなく映画である。断じて、盗撮ではない。
 俺は録画ボタンを押す。
 その瞬間だった。

ピコン!

 撮影開始を知らせる間抜けな音がカメラから鳴る。
 ああ、終わった。
 俺はバカだ。この音が鳴ることを忘れていた。
 俺は放心しながらカメラをCさんに向け続ける。今さらカメラを別のもの向けてごまかすこともできない。Cさんは俺がカメラを回していることに気づき、こちらを向く。
 「……えっ、撮ってるの?」
 まあ、そういう反応になる。
 「そう、ですね」
 「え? なんで?」
 俺は腐りきった脳細胞を必死にスパークさせる。こんなところで、同期を盗撮しようとした狂人になりたくない。
 「……メイキング、頼まれてるんですよ。先輩に」
 「そうなの?」
 「後でメイキング作るから、こっそり役者とか撮影風景とか撮っとけって。サプライズにしたいからバレないようにしろって釘刺されてて……」
 だいぶ怪しい嘘だった。
 「えー、じゃあこれまでの撮影中もこっそり撮ってたの?」
 「まあ、はい」
 ウソで〜す。
 「えっ、ちょっ、恥ずかしいんだけど〜」
 腕で顔を覆って隠すCさん。俺は咄嗟にカメラを持ち上げ、Cさんに向けて構え直す。脳内に大きく「行け!」という声が響いた気がした。
 「すみません、先輩から頼まれてるんで撮りますよ」
 先輩、ごめんなさい。
 「ちょっと※※くん、やめてってー!」
 口ではそう言いながらもCさんはどこか楽しそうだ。笑ってすらいる。
 あれ?
 もしかして俺、女の子といちゃついてないか?
 「しょうがないじゃないですか、撮れって言われてるんですから」
 そろそろ嘘に罪悪感がなくなってきた。俺はカメラ越しにCさんの顔を見る。今まで顔をちゃんと見たことがなかったが、改めて見るとすこぶるかわいい。何よりこんなに恥ずかしがるCさんを見たのが初めてだった。カメラの前での演技も素敵だったが、この自然体のかわいさには敵わない。
 あれ?
 もしかして俺、女の子をかわいく撮れてるのか?
 「私なんか撮っても、面白くないでしょ?」
 「そんなことないですよ」
 「ええー絶対映り悪いって」
 「悪くないですから」
 一瞬、唾を飲み込む。俺は次の言葉を、喉の底から絞り出す。
 「いい感じですよ」
 人生で初めて、女の子を褒めてしまった。喋った途端、口の中の水分が全部言葉になって乾いてしまったかのような気分だった。
 「嘘だあ、そんなことないよ」
 俺の言葉に、Cさんは楽しげに恥ずかしがる。俺の褒め言葉が女の子に届いた。女の子と喋るこの気持ち良さを10000倍にしたのがセックスなのかもしれない。ということは、俺はCさんとセックス(1/10000)をしているのか? 真実に到達してしまったかもしれない。
 「おしまい! もういいでしょー!」
 Cさんはそう言って俺に近づいてくる。
 「うわっ、ちょっと、なにするんですか」
 「カメラかして!」
 カメラを取ろうとしたCさんの手が俺に触れる。
 女の子の肌との、単純接触。
 「うわあっ」
 俺は思わずカメラを落とす。
 「うおっ、危なっ」
 カメラが床にぶつかる直前にキャッチするCさん。
 「はい、カメラいただき〜」
 そう言ってCさんはニヤニヤ笑う。こんな笑い方をする女の子だったのか。
 俺の目の前で女の子が笑っている。天変地異で驚天動地だ。俺の人生に、こんな瞬間が訪れるなんて。カメラを介してなら、俺はこうして女の子と楽しく会話できるのか。
 俺は、目の前のCさんの笑顔をいつまでも見ていたいと思った。

 ほどなくして撮影は終わり、俺は先輩の家を後にした。俺はSDカードからCさんと二人きりで撮った映像だけをパソコンに落としてから、カメラを部室に返却した。

3/4

ABOUT US

オタク系怪獣Vtuber。チャンネルでは映画やアニメの紹介を行っている。カクヨムへの短編小説の投稿や同人誌への寄港など、文章での活動も。オールタイムベスト映画3は『狼/男たちの挽歌・最終章』『ガメラ2 レギオン襲来』『県警対組織暴力』。何かあればお声がけください。

カテゴリー