「サルまん」舞台化決定!90年代に人気を博したメタコメディ『サルでも描けるまんが教室』舞台版が12月に上演

『舞台サルまん』2021年12⽉15⽇ (水) 〜2021年12⽉19⽇ (⽇)下北沢小劇場B1にて上演

1990年代にビッグコミックスピリッツで人気を博した「サルでも描けるマンガ教室」。
マンガで日本を征服するという野望に燃える若き二人を相原コージと竹熊健太郎が実名で作中に登場するメタコメディ作品で、作中に様々なマンガのパロディが登場すると共に、マンガ業界の裏事情を赤裸々に描いたことで話題を呼んだ。
その“サルまん”の舞台版が2021年12月15日から12月19日に下北沢小劇場B1にて、上演されることが決定。

脚本演出は「舞台ハイスクール!奇面組」などを手がけた田中大祐。主演の相原コージ役には氣志團の弟分、微熱DANJIの錦織純平、竹熊健太郎役には映画「電車を止めるな」主演のコウガシノブ。さらに鬼の編集長白井役として石橋保が出演。
また、今公演は劇団気晴らしBOYZの十周年記念公演となる。

■出演
相原コージ役:錦織純平
竹熊健太郎役:コウガシノブ
とんち番長役:栗原卓也
彦一役:ドロンズ石本
一休役:アモーレ橋本
吉四六役:杏さゆり
吉四六(男)役:佐野寛大
敵番長役:青地洋
佐藤役:両國宏
白井役:石橋保

■スタッフ
舞台監督:伊藤新・大友圭一郎
美術:大津英輔(+鴉屋)
音響:田中亮大(Paddy Field)
照明:赤田智宏(ALOP)
映像:諸田奈美
音楽:三善雅己
振付:黒田百合
演出助手・宣伝美術:佐野寛大
WEB制作:伊藤沙耶
制作:吉水葵  

公演概要

「舞台サルまん」
公演日:2021/12/15(水)~12/19(日)
会場:下北沢小劇場B1(〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-8-18 北沢タウンホール地下1階)

【原作】相原コージ・竹熊健太郎 「サルでも描けるまんが教室」(小学館ビッグスピリッツコミックス刊)
【脚本演出】田中大祐
【プロデュース協力】(株)恵比須と兎
【製作】TAKE A BOW
【主催】気晴らしBOYZ

■チケット料金
全席自由:5000円(税込)
※席数はおよそ半分を予定
配信チケット:2000円(税込・アーカイブ配信有り)

公演特設サイト
https://saruman2021.wixsite.com/saruman
劇団気晴らしBOYZ 公式ホームページ
http://tanaka-daisuke.com/

カテゴリー