『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来(日本語吹替版)』7月9日(金)より配信決定!

『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来(日本語吹替版)』7月9日(金)よりU-NEXT独占配信

『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』は、中国のアニメ監督、アニメーターのMTJJ及び寒木春華(HMCH)スタジオによって制作され、2011年より動画サイトで公開され話題になったWEBアニメシリーズの前日譚として劇場版が制作されると中国で異例の大ヒットを記録。
日本でも2019年9月の字幕版が公開され、大迫力のアクションシーンや日常のしぐさを丁寧に描いた繊細な表現など、ハイクオリティな映像が瞬く間に話題になり、2020年11月には日本語吹替版が全国で劇場公開され興行収入5.2億円を記録した。

本作では、人間に森のすみかを破壊された黒猫の妖精シャオヘイが、現代を生きる人間と妖精の間で揺れながら、自分の居場所を見つけるために冒険するさまを描く。
シャオヘイと個性豊かなキャラクターたちとの交流を通して、“自然と人間の共存”という普遍的なテーマも描き出されており、その物語の面白さも本作の魅力の一つとなっている。

7月9日(金)よりU-NEXTにて独占配信される日本語吹替版では、シャオヘイを花澤香菜、そこに手を差し伸べる植物を自在に操る妖精フーシーを櫻井孝宏、人間でありながら最強の執行人であるムゲンを宮野真守が演じ、さらにシューファイ役に斉藤壮馬、ロジュ役に松岡禎丞、テンフー役に杉田智和、シュイ役に豊崎愛生、ナタ役に水瀬いのり、キュウ爺役にチョー、館長役に大塚芳忠ら豪華声優陣が出演している。

作品概要

『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来(日本語吹替版)』

【配信開始日】2021年7月9日(金)12:00 予定 <独占配信>
【価格】770円(税込)/視聴期限:7日間

<STORY>
人間の自然破壊で多くの妖精が居場所を失った。黒ネコの妖精・シャオヘイもその1人。同じ妖精のフーシーに仲間として誘われ、彼らの住処へ向かったシャオヘイ。だが、そこに人間でありながら最強の執行人・ムゲンが現れ、シャオヘイは捕まってしまい…?

カテゴリー