映画を通して描かれる非日常-ドラッグを扱った名作映画のトリップシーンについて-にゃるら映画コラム

 映画を通して描かれる非日常……その中には薬物を使ったトリップ描写があります。
 最近、大きく話題になって配信が開始されたミッドサマーに至っては、常にトリップしているような世界観でした。
 映画ではありませんが、自分はウルトラセブン8話「狙われた街」で、メトロン星人が用意した吸うと凶暴性が増す危険なタバコと、その被害者たちのトリップ描写に強く衝撃を受けて以来、トリップシーンに強く関心を持つようになりました。
 決して体験したくはないが、どこか惹かれてしまうそのバッドでハイなシーンたちの魅力。今回は、ドラッグを扱った有名作のトリップ描写のみに注目して紹介していきましょう。

1.スモーキング・ハイ

 極上のマリファナとされる「パイナップル・エクスプレス」を手に入れた二人の気の抜けたヤク中たちが、ひょんなことから売人関連の殺人事件に巻き込まれてしまうというコメディ映画。
 タイトル通りトリップ要素はとても多めで、主人公たちは追われている身にも関わらず、スキあらばキマり続ける。殺人事件という重めの前提があるのに関わらず、ラリったお騒がせモノの二人が織りなす会話や喧嘩は平和そのもの。
 森の中で朝まではしゃいだり、ひょうんなことから言い争いをして傷ついたり……。パイナップル・エクスプレスでハイになった二人の奇妙な友情は見応えあり。
 徹頭徹尾コメディとして完成されているため、ハイな部分も楽しく明るく描かれており、画面が煙たすぎる以外は特に薬物の重みや派手なトリップ要素は無し。
 のんびにお酒でも飲みながらケタケタと友達と笑い合うのに適した名作です。もちろんパイナップル・エクスプレスがあれば最も良いのでしょうけど。

(C)2008 Columbia Pictures Industries, Inc. and Beverly Blvd LLC.

2.トレインスポッティング

 言わずと知れた超名作。
 「トレインスポッティング」の意味は鉄オタのことですが、一部地域では、放置された鉄道操車場に薬物中毒者が集まろり、溜まり場にしていたことから、薬物中毒者の隠語を意味するようになったそうです。つまり、この作品はそのまま薬物中毒者たちの話。
 出だしから次々と麻薬による幻覚やハイのせいでの失敗が続き、主人公は薬物断絶を決意。小汚いトイレに突っ込むと海のような空間が広がっているトリップ中の映像は美しく、ヘロインのせいで加速した登場人物の頓珍漢な面接シーンはとても笑える。
 薬物中毒と禁断症状の恐ろしさがこれでもかと描かれており、中盤に行われる禁断症状での幻覚と幻聴のオンパレードなトリップシーンは必見。
 不良少年の抱えるトラウマや恐怖がノンストップで次々と襲いかかり、ハイテンポなBGMに合わせて現実と幻覚の境目がどんどん溶けていき、絶叫を繰り返す様は地獄そのもの。不当に得た快楽には必ず大きな罰が待ち受けていることが分かる。

(C)1996 Channel Four Television Corporation MCMXCV
天井を這う赤子の幻覚

 続編である「T2トレインスポッティング」では20年後の彼らが主役。こちらは禁断症状などのド派手なトリップシーンはありませんが、中年になってもゆったり仲間同士でトリップするシーンがあり、薬物が繋いだ奇妙だが羨ましくもある関係は、個人的にジーンときます。いつまでも変わらずダメ人間全開な輩たちの友情、素敵です。

3.ミッドサマー

 今年のインターネットで一世を風靡した話題作「ミッドサマー」。その凄まじい本編の内容は今回は置いておくとして、ミッドサマーでは何度かトリップするシーンがあります。
 まずは序盤でのマジックマッシュルーム。幻覚作用の強い薬物であり、人間の顔に見える樹木や腕と一体化して見える草など、恐ろしくもどこか惹かれてしまう映像が良い。
 ただし、主人公の女性は大きすぎるトラウマを抱えたパニック障害であり、バッド・トリップを体験する。ホラーの文脈で描かれるジメッとした暗い心象風景の幻覚は、これから始まる物語の凄惨さを暗示するよう。
 終盤では大量のドラッグを主人公や、その恋人も摂取することとなり、何が現実で何が幻覚なのか、更にはその境目がどこにあるのかすら分からなくなってくる。
 ドラッグにより判断能力が落ちた登場人物たちへの仕打ちがまた陰湿で、元からバッド・トリップしている人間に対しての不気味な嫌がらせは、もし自分が同じ状況に陥ったらと想像するだけで身の毛がよだつ。
 判断能力を低下させ、その際に洗脳を行う。
 ドラッグとトリップの最悪な使い方を、美麗な風景で展開していく様は、とても残酷でとても美しい。

4.レクイエム・フォー・ドリーム

 登場人物たちがドラッグによって劇的に破滅していく様を描いた意欲作。
 調子に乗った若者たちがヘロインで破滅する過程も、もちろんハードで見ごたえがあるのですが、今作の見どころはなんといっても、なんの罪もない母親がヤブ医者に騙されて覚醒剤中毒に陥ることにあります。
 ダイエット・ピルだと偽られ覚醒剤を摂取し続けた母親は、どんどん気が狂い始め、ついには適量では我慢できなくなり、みるみるうちに薬物中毒へ。平和に暮らすはずの未亡人が不幸を転がり続けているストーリーには、良心がある人間なら誰もが目を逸らしたくなるでしょう。
 極めつけは禁断症状のトリップ。テレビに映ることが夢だった彼女の見た幻覚は、今回紹介したバッド・トリップの中でもトップクラスに恐ろしい。覚醒剤の怖さが嫌というほど見せつけられ、挙句の果てに廃人になってしまう。
 遊び気分で薬物に手を出した若者だけでなく、平和に生きる一般市民にも薬物の恐怖が纏わりついていることが伝わる、とんでもなく破滅的な名作です。

 (C)2000 Requiem For A Dream, LLC. 

 今回は、かなりの有名作だけを挙げていきましたが、世の中にはまだまだたくさんのトリップシーンがあります。それこそ、視聴者がトリップするためのトリップムービーだって存在するわけで。
 その妖しい魅力はまだまだ僕らを惹きつけて離さないのです。

※2020年8月14日現在、スモーキング・ハイ、トレインスポッティングはAmazonプライムビデオ
レクイエム・フォー・ドリームはU-NEXTにて視聴可能です。

カテゴリー