ネオ様の『力』の秘密を解き明かしたい!驚愕のフェイクドキュメンタリー『カルト』

『カルト』はネタバレなしで見た時の衝撃が相当に凄い作品なので「実はみようと思っていた!」みたいな人はこのままプライムビデオのリンクを踏んで見るんだ!

・プライムビデオリンク

そんなわけでこんにちは。えのきです。

今回紹介する映画は『戦慄怪奇ファイルコワすぎ!』等を手掛けた白石監督の作品『カルト』です。

以前掲載したコワすぎ紹介記事はこちら

『カルト』はコワすぎに負けず劣らずの個性の塊のような作品でありながら、コワすぎシリーズと違い一本で完結1するためある意味白石監督作品のノリを掴むのに最適な一本かもしれません。

それではあらすじへ行ってみましょう。

カルト

あらすじ

ある番組へ出演することになり打ち合わせに呼ばれたあびる優、岩佐真悠子、入来茉里の三人。
そこで三人は母と娘で暮らす家が怪奇現象に襲われる様子を撮影したビデオを見ることになる。
「優ちゃん、真悠子、茉里にはこの件が解決するまでをリポートしていただきます」
そんな言葉と共に三人のリポートが始まるが、よくある心霊番組と思われたそのロケは意外な方向へと展開していく。
現場へ同行した霊能力者の雲水による除霊が試みられるが雲水の想定を上回る怪異の驚異により、失敗。
事態を重く見た雲水により呼び出された師匠である龍玄による除霊が行われる。
龍玄の除霊により、怪奇現象は解決したかのように見えたが、怪異は解決していなかった!
怪異により倒れる龍玄と雲水。
「あれは人間が触れちゃいけないもんだったんです」
その言葉と共に龍玄は事態を自分よりも遥かに強力な力を持つという霊能力者へと託す。
そして現れる最強の霊能力者『ネオ』
今、最強の霊能力者『ネオ』と怪異との壮大な戦いが幕を上げた!

あらすじの時点で壮大なことになっていますが『カルト』の魅力はホラーというジャンルの文脈から物語が開始していながら、徐々にバトル物のような文脈にすり替わり、最強の霊能力者であるネオ様が登場したところを境にヒーロー物へ完全に文脈が塗り変わるところと言えるでしょう。

何気なく見ていると「軽い気持ちで怪奇現象に関わって大変なことになる」「霊能力者や霊感のある人間がなんとかしようとするがどうにもならない、むしろ大変なことになる」と言ったある種のお約束、様式美が展開されていきます。そこに「ギャー!!!こええよ!!!」と叫ぶも自由、「あるある」と思うのも自由、「はいはい知ってる」と感じるのもまた自由です。

しかし、それがあっという間にひっくり返る。

「あれ?自分今ホラー映画見てるんだよな?見ていたはずだよな?え、ええ……?」となる大転換が『カルト』の視聴感の面白さです。

「バトル物の文脈」として見返した時には初見時以上の情報量が「ホラー物の導入」の中に込められていることがわかるでしょう。

前半と後半の大転換が特に強烈なポイントではあるのですが、要所要所でフックとなる要素が散りばめられており、そこもまた面白さのポイントとなっています。

ビジュアルからのキャラ造形

霊能力者のコスチュームなんかもわかりやすいフックの一つでしょう。
初見時に「こ、コスプレみたいじゃん……!」となる霊能力者の雲水。

©2012 Next Media Animation Limited.

いや、これで住宅街に一人でいたらちょっと怖いよ……とツッコミたくなる気持ちもあるにはあるのですが、雲水の師匠にあたる龍玄が出たあたりで「なんか安っぽい格好している」の意味合いがこれまたちょっと変わります。

続きまして師匠の龍玄です。

©2012 Next Media Animation Limited.

龍玄の方がより「らしい」格好に私は感じるのですが、どうでしょう?
霊能力者の格としても師弟関係である故に龍玄>雲水という格が示されているため、コスチュームがそのまま視覚的なキャラクターの強弱に回収されます

そこで雲水さん、龍玄の二人が倒れたあとに登場する最強の霊能力者であるネオ……その格好を見てみましょう。

©2012 Next Media Animation Limited.

霊能力者!?!?!?マジ!?!?!?

プリン頭、ホストのような格好、態度の悪い振る舞い「えっ、霊能力者って徳が高い人たちじゃなかったの……」と他でもない『カルト』本編にて積み上げられた霊能力者イメージがいともたやすく破壊されます。なんだよ霊能力者って。

丁寧にすり替わる文脈

『カルト』では序盤から「御払い」という体裁でホラー系のお話で行われる流れがあります。

©2012 Next Media Animation Limited.

個人的にはこの流れは洒落怖2等である「除霊を行うが怪異が強力すぎてなすすべもなく殺されるor不幸な結末に終わる」という様式に沿っているようでありながら、徐々にスイッチしていきます。

©2012 Next Media Animation Limited.

「師匠の龍玄の力を借ります」
なすすべなくやられる人間……と見せかけて更にその上の序列の霊能力者が出てくるわけです。なおこの時の龍玄の除霊アシストはリモートで行われます。電話越しに除霊ってマジかよ!

残念ながらこのあとの龍玄も怪異の前になすすべもなく……といった展開はあるのですが、これが繰り返されることで「人間がなすすべもなく殺される怪異」ではなく「人間が勝てない怪異」という恐怖の存在である怪異に「勝ち負け」という概念が付与されていきます。

©2012 Next Media Animation Limited.

そして現れる霊能力者ネオ。
彼の強烈なビジュアルにより「え、なんかこのノリおかしくない?」と意識させつつ、怪異に対してネオが無双していく様が描かれます。

雲水の勝てない怪異。
雲水より強い龍玄すらも負ける怪異。
という文脈からの圧倒的に怪異に勝てるネオ。

という序盤では「怪異の恐怖」を強調するメソッドが途中から「バトル物の強敵」を立てるメソッドに転換されるのです。

霊能力者ネオの登場からそれまで見せられていた「不条理な怪異」は解体されていきます。
抗うことがほとんど出来なかった怪異に対して

・雲水が岩佐真悠子から除霊しきれなかった取り付いた怪異を見抜き一瞬で除霊。

©2012 Next Media Animation Limited.
除霊(体内に手をぶっ刺して呪いを引っ張り出す)

・現れた怪異を蝋燭を用いて撃退

©2012 Next Media Animation Limited.
蝋燭を使用した遠隔攻撃による除霊

さらにはこの事件を取り巻く怪異の根本すらも霊能力者ネオは解き明かし、暴いています。
初めてみた時は怒涛の無双っぷりに「ね、ネオ様かっこいい……」と震えます。

ここからネタバレ多めの記事になります

丁寧に打たれた布石

さて、ここまで霊能力者にばかり注目してきましたが、実はリポーターであるあびる優、岩佐真悠子、入来茉里にも一捻りが存在しています。
三人は物語の導入時にこんな話をします。

「なんか今日朝起きた時から物凄い嫌な予感、悪い予感っていうか嫌な予感(がした)……」と語るあびる優。

©2012 Next Media Animation Limited.

「あ、そう前心霊スポットで失神とかしたんですよ」と語る岩佐真悠子。

©2012 Next Media Animation Limited.

「小学生の時にスプーン曲げとかできたことがあります」と語る入来茉里。

©2012 Next Media Animation Limited.

初見時には心霊番組の顔合わせ時ということもあり見落としがちですが、三人はそれぞれ違う霊能力の資質を持っているのです。

「これ、何やってるんですか?」
「お前が呪いの爆弾見つけんだよ」

©2012 Next Media Animation Limited.

あびる優は探知系の霊能力の素質を持っています。
いや、嘘じゃないんです、嘘じゃないんです。

「いいか、俺今力が出ない。だからお前のその憑依体質を利用して、この人間を助ける。俺を信じろ」

©2012 Next Media Animation Limited.
シュバッ!っと被害者から一時的に取り憑き先が岩佐真悠子に変わる。

岩佐真悠子は憑依体質。
あびる優の探知能力、岩佐真悠子の憑依体質は作中で様々な形で利用されます。
一見唐突に描かれる二人の特性ですが、それが最初の顔合わせ時から描かれており、布石の打ち方が巧妙です。

そしてスプーン曲げが出来たと語った入来茉里……

©2012 Next Media Animation Limited.

職場の上司を昏睡させる。

©2012 Next Media Animation Limited.

突然霊能力者ネオの前へ生き霊として出現

©2012 Next Media Animation Limited.

そして……!

いやなにが起きてるんだよ。
と誰もが困惑する大活躍をします。

『カルト』は突拍子もない怒涛の展開が後半押し寄せますが他にも『何気ない会話が実は相手の能力を探っている』『安全を祈っているようで実は妨害をしている』などの描写が積み重ねられており「あれってそういう意味だったの!?」となる描写が多く存在しています。
一回目は怒涛の展開に驚きながら、複数視聴にも足る膨大な情報量も『カルト』の魅力です。

※ここからは他の白石監督作品のネタバレもあります。

霊能力者ネオの『力』とは何か?

さて、作中、いや白石監督作品に登場する霊能力者で間違いなく最強クラスであるネオ。
彼の『力』とは何なのでしょうか。
作中でそのバックグランドについて聞かれても。
「俺は俺を信仰してるよ。これ俺の力だからさ。神とか仏とか、馬鹿馬鹿しいよな?」
と語りません。3
カルトの霊能力者雲水、龍玄はそれぞれ特定の宗教に基づき、言葉を紡いで霊能力を行使している描写がされているのに対し、ネオは一切の詠唱の描写を行いません。
彼の能力の根元は何か?

私は白石監督作品にたびたび現れる「神」(と呼ばれる存在)の力ではないかと考えています。

『ノロイ』『オカルト』『コワすぎ』『ある優しき殺人者の記録』果ては『貞子VS伽椰子』に至るまで、白石監督作品では共通する存在がたびたび描写されます。(最近では『地獄少女』なんかも関連している節があります)
ミミズのような存在が蠢く謎空間です。

©️2009 クリエイティブアクザ ,オカルト
©️2013 ニューセレクト ,戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-04【真相!トイレの花子さん】

そして蠢くミミズ(のようなもの)『ノロイ』では霊体ミミズと称されますが、『オカルト』『ある優しき殺人者の記録』では「神」と称されます。

©️2014 NIKKATSU,ZOA FILMS ,ある優しき殺人者の記録 

そしてこの「霊体ミミズ」=「神」と称された存在は『カルト』において敵対する怪異でありながら、それに対立する霊能力者ネオの能力により現れる存在と酷似しているのです。

©2012 Next Media Animation Limited.

白石監督作品における「神」は人間の善悪を超越した存在です。

『オカルト』などではその超越した存在により人々を「地獄」を味合わせる一方で『ある優しき殺人者の記録』では願いを叶える存在でもあります。
『戦慄怪奇ファイルコワすぎ!』ではラスボスに関わる存在でありながら、4章の真壁先生、最終章の江野君など明らかにそれを自らの能力として利用する人々の存在もいます。
この違いはなんでしょう?

これには『戦慄怪奇ファイルコワすぎ!』や『貞子VS伽椰子』で語られたロジックにより説明が出来ます。

私の考えを書きます。

白石監督作品における「神」とは膨大なリソースそのものであり信仰心や意思、畏れにより具体的な形や事象を伴って現れる存在なのです。

『戦慄怪奇ファイルコワすぎ!』ではこのように語られます。
「創作されたものに触れた人々のイメージのエネルギー。つまりイマジネーションの集積というものが存在しないはずのお岩さんという幽霊に力を与えてこちら側、現実化してしまったということですね」

©️2013 ニューセレクト ,戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】

そして『貞子VS伽椰子』でも貞子について同様のロジックで説明が成されます。
「おそらくこの都市伝説に触れた者たちのミームがマインドウィルスと化し集合無意識の具現化が起きたんだ」

©︎2016「貞子vs伽椰子」製作委員会

このロジック故に『貞子VS伽椰子』の貞子の呪いは原典の7日間の呪いではなく「三日で死ぬ」などの違いが生じていると考えられます。人々の意識により「人を呪う存在」として貞子が強く表出したからです。

『戦慄怪奇ファイルコワすぎ!』『貞子VS伽椰子』どちらにも共通するのは「人々の意識が集まり具現化している」という点です。そして白石監督作品の怪異は、大小あれど戦いの最中に「霊体ミミズ」の片鱗を見せます。
つまり、こう考えられないでしょうか。

人々の意識の集積により「神」という膨大の力の塊が形を取っているのではないか、と。

『戦慄怪奇ファイルコワすぎ!』では様々な都市伝説や怪異は一つ線に収束します。口裂け女、河童、トイレの花子さん、お岩さんなどが全く別の存在である怪異が一つの背景へとつながります。
『貞子VS伽椰子』では貞子と伽椰子は混ざり合ってしまいます。
それは、全ての怪異の根源が同一の物=神だからではないでしょうか。

しかし根源=神であり、怪異の源泉であるのならば数々の奇跡はどう説明されるのでしょうか?『コワすぎ』『ある優しき殺人者の記録』の時空間移動など……人々へ恐怖を与える存在ではないのか?
そう、「神」の力は決して怪異だけに転用されるものではないのです。
それを前提として考えると白石監督作品における「霊能力」も同様のロジックの存在であると言えるのではないでしょうか?
宗教として多くの人々の「信仰」を集め、それにより形を伴った術を扱い、怪異に対抗する。

白石監督作品における「霊能力」や「奇跡」は「神」の力をまた別の側面で具現化したものではないでしょうか。

コワすぎシリーズなどで様々な霊能力者がいるのも当然です。それぞれの信仰の形により、具体化されるものが変化するのですから。また都市伝説のように多くの意識、つまり信仰を持つ存在がより強固に存在を持つという観点でいうのならば宗教、宗派といった物もまた同様でしょう。信じる人々が多ければ多いほど、そこに集積される「意識」というのは膨大で、強くなり、神々へとアクセスが容易になるからです
宗派により形式が違うのはある種の縛りであり、「決められたロジックを踏む」ことで本来制御の出来ない神の力を自らの力として行使出来るようにしているのではないでしょうか。

©2012 Next Media Animation Limited.

では霊能力者ネオは?
いかにしてその能力を身に付けたか、どのようにしてそういった存在となったか。
その過程は描かれていません。

©Next Media Animation Limited.
なおひたすらガラは悪い。

しかし、「俺は俺を信仰してるよ。これ俺の力だからさ。神とか仏とか、馬鹿馬鹿しいよな?」と言う言葉。
白石監督作品における怪異や霊能力の成り立ちを考えるとこう言えるのではないでしょうか。

霊能力者ネオは強靭な「意思」により「神」の力を一人でこの世に具現化させている、と。

霊能力者ネオは力の使いすぎをセーブする節がしばしば描かれます。使用時には手袋を外し、物語の終盤では「俺は今、力が出ない」など使用にも限度があることが示唆されます。
限界を越したデメリット、それは『オカルト』などで描かれたような「神」は制御出来ず飲まれた人々にとっては地獄に他ならない絶望だからとも考えられるでしょう。(備考:霊能力者ネオの出自そのものが謎のため、本人が既に人外の可能性もあるのですが……)

なぜ、霊能力者ネオにそれだけの「意思」があるのでしょう。
逆説的にですが、霊能力者ネオは作中で人々を救います。怪異によって襲われる少女や、あびる優たちを自らの能力で(おそらく大きなデメリットを背負いながら)助け続けます。
「怪異と戦い、人を救う」そんな強い「意思」により霊能力者ネオは「神」の力を制御化において扱っているのではないでしょうか。
『カルト』はヒーロー物と言われたり、霊能力者ネオを指してヒーローと呼ばれたりします。
ただ強いから霊能力者ネオはヒーローなのではない。

行動により浮かび上がる内に秘めたその「意思」こそが彼をヒーローとして成立させているのではないでしょうか。

©2012 Next Media Animation Limited.

とにかくオススメです。カルト。

と、ここまで長々と紹介というか『カルト』語りをしてきましたが、細かいことを抜きにしても怒涛の展開があり唯一無二のホラー(?)映画となっています。
ここでも書ききれない小ネタなどが多くあります。あびる優たちと霊能力者ネオのやりとりがコミカルであったり、カメラの前でポーズを決めたりして妙に茶目っ気のある霊能力者ネオなど……
いや本当好きなんですよ『カルト』とにかく密度があります。
ホラー映画見る時「大丈夫……バッドエンドで終わってもネオ様がなんとかしてくれるから大丈夫!」って自分に言い聞かせながら見るくらいに好きなんですよ……

みんな『カルト』をマジで見てくれ、それで色々考察とかして読ませてくれ……もっと『カルト』について理解を深めたいんだ私は……!

……とまぁ、ほとんど記事で言及したようなものですが『カルト』の物語は最強の霊能力者ネオの登場により終息へ向かい、同時にやがて来る壮大な戦いの片鱗を帯びていきます。
果たして、あびる優、岩佐真悠子、入来茉里の三人と霊能力者ネオたちのこの事件はどのように展開していくのか、世界の命運は!
そんなジャンル破壊のホラーモキュメンタリー『カルト』触れてみるのはいかがでしょう?
それではまた次回!

  1. 諸説あります
  2. 洒落怖とは、2chオカルト板のスレッド「死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?」の略称。
  3. いやこの時は別の事情もあるのですが

ABOUT US

えのき
えのきと申します。ムービーナーズのライター募集を見て「老若男女にサメ映画を見せたい」という衝動に駆られ、手をブルブル震わせながら申し込んでライターになりました。「それで手が震えるの、人生に置けるサメ映画の比重、間違ってるでしょ」と友人に言われました。サメ映画以外も見るけどサメ映画が好きです。

カテゴリー

ハンバーガーちゃん日記