「るろうに剣心 × 滋賀県」1作目~最終章のロケ地&観光ガイド特設サイトが公開

滋賀ロケーションオフィスが「るろうに剣心」ロケ地等をまとめた特設サイトを開設

2021年4月23日(金)、6月4日(金)に、2作連続で全国公開される「るろうに剣心最終章The Final/The Beginning」公開を前に、シリーズ1作目から最終章までに撮影された県内のロケ地などをまとめた特設サイトが開設された。特設サイトには大友啓史監督のスペシャルインタビューも掲載。
『るろうに剣心』シリーズでは、最新作を含めた全5作品において滋賀県内各地で撮影が行われており、1作目の冒頭のシーンは滋賀県から撮影が開始、新作でも滋賀県内での撮影シーンが登場しており、重要なシーンが滋賀県内のロケ地で数多く誕生してきた。

The Finalのロケ地 三井寺(大津市)

特設サイト:https://ruroken-shiga.biwako-visitors.jp/

ロケ地&観光ガイドMAPも

映像作品を活用したロケツーリズムにつなげるため、映画上映の県内5ヶ所、関西3ヶ所の映画館や、県内ロケ地、道の駅等で、作成したロケ地&観光ガイドマップを無料配布。
マップには、大友啓史監督のインタビューや、今春公開される2作品と過去のシリーズ作品3作品をあわせた全5作品の撮影が行われた11ヶ所のロケ地をマップや写真で紹介。
その他、観光情報も併せて掲載。
<部 数>  30,000部(B5冊子16ページ)
<配 架>  3月15日(月)より順次配架
(県内)各ロケ地、県内映画館5ヶ所、道の駅など
(県外)滋賀県東京本部、ここ滋賀(東京日本橋)、大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマ、MOVIX京都、TSUTAYA5店舗(EBISUBASHI、あべの橋店、天六店、西院店、夙川店)

映画『るろうに剣心 最終章 The Final』2021年4月23日(金)公開

概要

究極のクライマックス――。「るろうに剣心」のすべてがここに。 剣心にとって最も大事なエピソード。これをやらずに、るろうに剣心は終われない」と覚悟を決めた製作陣が挑んだファン待望の最終章! 剣心に復讐するため、東京を総攻撃するシリーズ最恐の敵・縁。 これまでのるろ剣オールスターが集結し、剣心のため、新時代のため、最後の戦いへ挑む究極のクライマックス「The Final」。 さらに、戦いの理由は幕末へと遡り、剣心の頬に刻まれた〈十字傷の謎〉に迫る「The Beginning」へと続いていく。「The Final」で明かされる、剣心が斬殺した妻・巴の存在。 剣心はなぜ〈不殺の誓い〉を立てたのか?そして剣心はなぜ妻を斬殺しなければならなかったのか? 「るろうに剣心」の始まりと終わりを描く、時空を超えた二つのアクション感動超大作が、遂に公開!

■映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』
2021年4月23日(金)/6月4日(金)2部作連続ロードショー!
公式サイト:http://rurouni-kenshin.jp
公式Twitter:https://twitter.com/ruroken_movie
公式Instagram:https://www.instagram.com/ruroken_movie/
出演: 佐藤 健 武井 咲 新田真剣佑 青木崇高 蒼井 優 伊勢谷友介 土屋太鳳 / 三浦涼介 音尾琢真 鶴見辰吾 中原丈雄 /北村一輝 有村架純 江口洋介
監督/脚本:大友啓史
音楽:佐藤直紀 
主題歌:ONE OK ROCK “Renegades”
原作:和月伸宏「るろうに剣心−明治剣客浪漫譚-」(集英社ジャンプ コミックス刊)

『るろうに剣心 × 滋賀県』ロケ地一覧

○シリーズ1作目から最終章まで全5作品において滋賀県でロケが行われた。
(シリーズ全作でロケが行われたのは滋賀県と京都府のみ)
○シリーズ1作目のクランクイン(るろ剣の撮影スタート)は滋賀県の三井寺。
 ※2011年8月2日映画冒頭の「戊辰戦争の鳥羽伏見の戦い」のロケが行われた。
○最終章の代表シーンはThe Finalなら三井寺、The Beginningなら油日神社。
<三井寺>
・1作目の冒頭シーンや重要なシーンで登場、各シリーズで「神谷道場」の表シーンとしても使われている門も三井寺内にある。
・1作目の撮影クランクインを三井寺で迎えた。
・Fでは1と同じ場所で宿敵と出会うシーンで登場。
<油日神社>
・Bで剣心が奇兵隊に入隊し桂小五郎と出会う、剣心の運命を大きく変える重要な回想シーン。
・入隊希望者など100人を超える多数のエキストラ参加。

カテゴリー