エルム街の悪夢には日本版コミカライズがあるんだぜ!!!

 ライターのナ月だぜ! さ~って! 『ハロウィン』の6月号でも読もうかな! 

 突然何が始まったんだと思われたかもしれない。漫画の話だ。俺は漫画が好きだ。

 この『ハロウィン』ってのは昭和の終わり頃から平成初期ごろまで朝日ソノラマから刊行されていたホラー・オカルト系に特化した少女漫画雑誌だぜ。伊藤淳二先生のデビュー作、『富江』とかが掲載されていた雑誌だ。それがどういうわけか手元にある。だから読む。

 それにしてもおどろおどろしい表紙だな~! さすがホラー専門の漫画雑誌だぜ。なになに、今号の見所は……あ!!

 え~~~!! ホラー映画先行誌上ロードショー‼『エルム街の悪夢』だってェー!! どういうことなんだァ~!!

朝日ソノラマ ハロウィン第6号 亜木蒼子 エルム街の悪夢 P109

 ジャーン。というわけでなんとあの名作ホラー映画『エルム街の悪夢』には日本版コミカライズが存在していたんだぜ。作は亜木蒼子先生。
 ハロウィン名物と書いてあるとおり、ハロウィン誌にはこうして公開直前の映画のコミカライズがたびたび掲載されていた。他の号では『バタリアン』とか『死霊のえじき』とかコミカライズされているぞ。
 覚えている人がどれだけいるかわからないけど、コロコロコミックで『スモールソルジャーズ』のコミカライズが掲載されてたような感じだと思ってくれ。あれ面白かったよな。

朝日ソノラマ ハロウィン第6号 亜木蒼子 エルム街の悪夢 P110

 せっかくなので中身を簡単に紹介していこう。冒頭、恋人のロッドと寝ていたティナがなんか超常的な力でメチャメチャになって死ぬ。こえ~。ホラーで彼氏と寝た女は大抵死ぬから仕方がないとはいえ怖い。せめてもうちょっと楽に死にたい。
 今更だがこのコミカライズはかなり原作映画に忠実というか、ほとんど完璧にそのままだからまだ原作映画見てないならネタバレ注意だぜ。

朝日ソノラマ ハロウィン第6号 亜木蒼子 エルム街の悪夢 P113

 駆けつける主人公ナンシーとその恋人グレン。赤黒の二色刷りってホラー漫画に映えるな。これは雑誌掲載ならではかもしれないな。

 余談だがあのジョニー・デップが俳優デビューしたのがこのグレン(裸じゃない方の男)だ。

朝日ソノラマ ハロウィン第6号 亜木蒼子 エルム街の悪夢 P115

 冒頭で死んだティナが夢で見ていたという「ナイフのような爪の男」の話をするナンシー。いったい誰なんだ……。ウルヴァリン以外にいるのかそんな奴が……。

朝日ソノラマ ハロウィン第6号 亜木蒼子 エルム街の悪夢 P122

 そしてナンシーの夢にも現れるナイフのような爪の男。 一体誰なんだ!!

朝日ソノラマ ハロウィン第6号 亜木蒼子 エルム街の悪夢 P122

 誰なんだ!! 何者なんだ!! デフォルメ顔のナンシーが可愛いな!!

朝日ソノラマ ハロウィン第6号 亜木蒼子 エルム街の悪夢 P123

「フレディだよ」

 フレディか~そっか~。

朝日ソノラマ ハロウィン第6号 亜木蒼子 エルム街の悪夢 P123

「フレディだよ」

 なんかいいな。和む自己紹介だ。この顔でも可愛く見える。俺も今度から自己紹介は「ナ月だよ」みたいにしていこうかな。

朝日ソノラマ ハロウィン第6号 亜木蒼子 エルム街の悪夢 P125

 もちろん有名なあのバスタブのシーンもある。ここだけ見たらなんだか全然わからんな。まあ原作でも引いていくときは結構「スッ」って感じだしな。

 物語としてはこの後なんか冒頭で恋人ティナ殺しの疑いをかけられてしまったロッド(彼ピの方)もフレディに殺されてしまってヤバくなったのでナンシーは何かを知っているっぽい大人たちを問い詰める。
 そして大人たちがかつてこの街にいたロリコン殺人鬼「フレディ・クルーガー」を焼き殺したことを明かされる。

朝日ソノラマ ハロウィン第6号 亜木蒼子 エルム街の悪夢 P136

 焼かれている生前のフレディの図。何もそんな殺し方しなくても。
さて焼かれて死んだはずのフレディが夢の中で殺してくるぞ、いったいどうすればいいのか。ナンシーはなんとか倒す方法を考える。

朝日ソノラマ ハロウィン第6号 亜木蒼子 エルム街の悪夢 P137

 友人二人が殺されたとは思えないグレン(演:ジョニー・デップ)。でもこういう時こそこういうやつがいてほしいよな。

朝日ソノラマ ハロウィン第6号 亜木蒼子 エルム街の悪夢 P137

 グレンのリアクションがいい。「なんだってェ!?……」

朝日ソノラマ ハロウィン第6号 亜木蒼子 エルム街の悪夢 P142

 しかしその後普通に寝てしまいグレン死亡。これも有名なシーンなのでここだけ見たことある人も多いかも。

朝日ソノラマ ハロウィン第6号 亜木蒼子 エルム街の悪夢 P143

 ナンシーの母談、お前たちのせいだよ。

朝日ソノラマ ハロウィン第6号 亜木蒼子 エルム街の悪夢 P151

 そしてなんやかんやあってフレディを退治しました。やったね。どうやったかは原作映画を見よう。

朝日ソノラマ ハロウィン第6号 亜木蒼子 エルム街の悪夢 P153

 死んだみんなもなんかいるぞ! よかったね! いや、果たしてこれは現実だろうか、まだ夢の中なのではないのか、どうなのだ……どこまでが夢なんだ。とまあ原作同様の終わり方だ。

 こんな感じだエルム街の悪夢のコミカライズ、「へぇ~、日本版コミカライズなんてあるんだ」というのを覚えておくといつかなんかの役に立つかもしれない。
 かなり原作に忠実なので、もしも読む機会があったら「あのシーン漫画で表現するとこうなるんだ~」みたいに楽しめることだろう。まんだらけとか探せばあるかもしれない。
 そもそも原作映画を見てない人はとりあえず原作映画を見よう。エルム街の悪夢、面白いぞ。いいから見て。お願いだ。頼む。

 漫画ならではの見どころとしては、やっぱり少女漫画チックな絵柄で描かれたキャラクターたちだろう。『ハロウィン』はホラーオカルト「少女漫画」誌なので。

朝日ソノラマ ハロウィン第6号 亜木蒼子 エルム街の悪夢 P148

 少女漫画目のフレディがたびたび飛び出してくるので最高だぜ、日本版コミカライズ。

ABOUT US

ナ月
熊本県という草と木しかないところに住んでおり、スイカのつるを使ってインターネットに接続しています。怪獣映画とホラー映画と面白おかしく人が死ぬ映画とかが好きです。あと趣味で他人の精通のエピソードを集めたりしています。よろしくお願いします。

カテゴリー