「ほぼ日の怪談。」が新旧ハロプロメンバー主演で実写化&DVD発売決定!

実写ドラマ版「ほぼ日の怪談。」

糸井重里主宰のWebサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」の人気連載を実写ドラマ化した、「ほぼ日の怪談。」が8/23よりひかりTV、dTVチャンネルにて配信開始し、8/26からはテレビ神奈川にて放送が開始した。

「ほぼ日刊イトイ新聞」で、2004年から16年続く長寿企画で、読者から「自分が経験した怪談」「経験した本人から直接聞いた怪談」を夏に期間限定で募集し、2018年に文庫化もされている本企画、実写ドラマにはアンジュルム 笠原桃奈、伊勢鈴蘭、BEYOOOOONDS 高瀬くるみ、西田汐里、そしてBerryz工房 清水佐紀、須藤茉麻、元°C-ute 中島早貴らハロー!プロジェクトの現役、OGメンバー全9名が主演、出演している。

現在、絶賛放送中の本作、早くもDVDの発売が決定し、12月2日発売。映像特典 (約80分)としてメイキングや記者会見の収録が予定されている。

各話あらすじ

1話12分のショートムービー全12話で構成される本作、各話のあらすじとキャストは以下の通り、ハロプロファンの方はキャストと出演回をチェックし、推しの出演を見逃さないようにしよう!

●怪・その一「せまいシングルルーム」清水佐紀
出張で訪れた古いビジネスホテルの嫌に蒸し暑い⼀室。そのホテルでは過去にとある事件が起こっていた。

(C)ほぼ日/2020「ほぼ日の怪談。」製作委員会
第1話 「せまいシングルルーム」出演:清水佐紀

●怪・その二「⾒てはいけない者」須藤茉麻、小池里奈
ある⽇の⾵呂上がり、急に体重が3キロ増加していた。ふと気配を感じ、鏡を⾒る。そこに映っていたものとは・・・。
●怪・その三「⾼笑いする⼥」笠原桃奈、るうこ
引越してきた姉の家の隣から、毎晩のように聞こえてくる奇妙な⼥性の⾼笑い。その声の主とは⼀体・・・。

(C)ほぼ日/2020「ほぼ日の怪談。」製作委員会
第3話 「高笑いする女」出演:笠原桃奈

●怪・その四「知らない友⼈」中島早貴、君島光輝、橘ひと美、山田奈保
いつものように⼥⼦会に花を咲かせる四⼈組。しかし、なぜかそのうちの⼀⼈が誰だかどうしても分からない・・・。
●怪・その五「残された想い」伊勢鈴蘭、松岡拳紀介
⽂化祭が近づいたある⽇の放課後。静かな校舎に⼊院中の⽣気のない友⼈が現れる。彼の想いとは。
●怪・その六「本の匂いを嗅ぐ」小関舞、朝倉ふゆな
友⼈の別荘で⾒つけた⼀冊の古い本。その本のある部屋からはなぜか腐敗したような異質な臭いが⿐をつく・・・。
●怪・その七「思い出した回答」須藤茉麻、佐藤匠、染谷俊之
取り壊しが決まった⺟校で再会した3⼈組。彼らは運命に導かれるように、あの時と同じくこっくりさんを始める。
●怪・その八「ピンクの⼩さなノート」橋本愛奈
昔住んでいた家に訪れ、⾒つけたひとつのノート。⽗が隠した過去、そして忘れていたある記憶が蘇る・・・
●怪・その九「あの⼈はどこにいるの?」西田汐里、都丸紗也華、正木佐和
⺟と姉と3⼈での新⽣活。幸せな暮らしが始まろうとした⽮先、聞こえてきた不可思議な物⾳。その家には何かが居る。
●怪・その十「じりりりりりりり」中島早貴、高橋かすみ
⼀⼈の⼥性福祉課職員が訪れたあるおばあさんの家。そこで彼⼥にだけ聞こえる古めかしい電話の⾳の正体とは⼀体・・・。
●怪・その十一「⾬の中の友達」高瀬くるみ
激しく⾬が降る⽇の⼣⽅、⽞関のチャイムがなる。そこに居たのは来るはずのないびしょ濡れの友⼈だった・・・。
●怪・その十二「持たされた⼈形」清水佐紀、森田亜紀
8年前に若くして亡くなった親戚の部屋を訪れた⼀⼈の⼥性。そこで忘れられたように置かれた⼀体の⼈形を⾒つけるが・・・。

『ほぼ日の怪談。』 12月2日(水)発売
DVD:9,000円(税抜)
発売元:TBSグロウディア
販売元:ハピネット・メディアマーケティング
(C)ほぼ日/2020「ほぼ日の怪談。」製作委員会

カテゴリー