『ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷』サム・ライミ制作の『呪怨』ハリウッドリメイク第4弾ついに日本公開へ!

『ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷』国内公開日が2020年10月30日に決定!!

© 2020 Grudge Reboot, LLC. All Rights Reserved.

今年1月にアメリカで公開された、『死霊のはらわた』、『スパイダーマン』のサム・ライミが『呪怨』を原作に手がけたホラー映画『ザ・グラッジ』(原題:The Grudge)の日本国内での公開が2020年10月30日に決定!

本作は、既にハリウッドリメイクが3作出ている『呪怨』のリメイク4作目に当たるが、ストーリーは過去作とは繋がらないものでシリーズをリブートする作品となる。
『ドント・ブリーズ 』、『クロール ―凶暴領域―』とプロデューサーとしても活躍するサム・ライミ製作、監督・脚本はニコラス・ペッシェが担当する。

主演は、『ナンシー』、『オブビリオン』などに出演したアンドレア・ライズボロー。他、『エイリアン:コヴェナント』、『ヘイトフル・エイト』に出演し、『明日を継ぐために』で、アカデミー主演男優賞にノミネートされた実力派俳優デミアン・ビチルなど豪華キャストが集結した。

あらすじ

森林地帯で車に乗った状態の変死体が発見された。 一報を受けて、マルドゥーン刑事(アンドレア・ライズボロー)は、グッドマン刑事(デミアン・ビチル)と共に現場にかけつける。 道路が閉鎖されていたこともあり、死体は何ヶ月も放置され腐敗していた。遺された所持品から死体の住所が明らかになる。 “レイバーン通り44番地”__そこは、2年前にグッドマン刑事が担当し、いまだに強烈な印象を残している「ランダース事件」の現場……。 過去の事件と死体との関連性を疑ったマルドゥーン刑事は、単身でランダース事件の舞台となった屋敷を訪れる。 そこで彼女はただならぬ存在の気配を感じるのだった……。

最近もNETFLIX版がSNS上で盛り上がりを見せるなど、日本でも話題の尽きない『呪怨』だが、ハリウッド版も、本作で仕切り直すことで今後どのように展開していくか楽しみだ。

公式HP:https://www.grudge.jp

作品情報

タイトル:ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷
原題:THE GRUDGE
公開日:2020年10月30日(金)
配給:イオンエンターテイメント
監督:ニコラス・ペッシェ
脚本:ニコラス・ペッシェ
原案:ニコラス・ペッシェ、ジェフ・ブーラー
製作:サム・ライミ
役名・・・出演キャスト:
マルドゥーン刑事・・・アンドレア・ライズボロー
グッドマン刑事・・・デミアン・ビチル
ピーター・スペンサー・・・ジョン・チョー
ニーナ・スペンサー・・・ベティ・ギルピン
フェイス・マシソン・・・リン・シェイ

製作年:2020 製作国:アメリカ 尺:94分 映倫区分:R15(15歳以上がご覧になれます)
言語:英語(日本語字幕) スクリーンサイズ:シネスコ

カテゴリー