ディズニー実写映画の衣装デザインを完全網羅。56キャラクターを細部まで解説した『ディズニー・コスチューム大全』発売。

『ディズニー・コスチューム大全』2021年4月20日発売

2019年米国で発売され、大好評を博した『The Art of Disney Costuming』
ディズニー映画衣装デザイナーたちが一着一着に注ぎこんだ、想像力や情熱、細部への気遣いにスポットライトを当てた一冊である本書の邦訳版がついに発売となった。

1985年の『オズ』から2019年の『アラジン』まで、実写映画で実際に使われた衣装のディテール写真やデザイン画など、多数の図版とともに実写映画の56キャラクターの衣装を解説
衣装デザイナーへのインタビューを通じて、ディズニーの衣装デザインにおける創造性に迫る一冊。
巻頭では、アニメーションやテレビ番組、パークのキャストの衣装など、ディズニーの衣装デザインの歴史についての解説も収録。
豊富な資料写真と関係者へのインタビューは、ディズニーのクリエイションの歴史と過程を知る上でも貴重な内容となっている。
ディズニーファンはもちろん、映画・ファッションの愛好家も必見の一冊となっている。

一部抜粋

プロローグ ディズニーの衣装
アニメーションや実写映画、テレビ番組、テーマパークや店舗、ゲームにいたるまで、ディズニーの衣装がどう創られてきたのか。

●ケーススタディ お城の舞踏会
アニメーション、実写映画と何度かディズニー映画化されてきた『シンデレラ』。
時代性や文化的な課題を考えながら、衣装デザイナーたちは、最も有名なおとぎ話を作りなおしてきました。

●P A R T 1 闇に生きる者たち
ディズニー映画の魅力のひとつである、ヴィラン。
彼女ら・彼ら自身も魅力的なキャラクターの衣装をどうデザインしてきたのか。

●P A R T 2 光と闇のはざまで
マレフィセントやキャプテン・ジャック・スパロウなど、正義の味方とも悪の化身ともつかない複雑なキャラクター。
光と闇を併せ持つ個性を表現する、衣装デザインの秘密。

●P A R T 3 光に包まれて
『美女と野獣』のベル、『アラジン』のジーニー、アラジン、ジャスミンなどの主人公たち。
言葉だけでなく、生きた人物としてどう表現するか。
映画ならではの創造性がここにあります。

書籍情報

『ディズニー・コスチューム大全』
著者:ジェフ・カーティ、ウォルト・ディズニー・アーカイブスのスタッフ
翻訳:浅野美抄子
発売日:2021年4月20日
定価:4,180円
判型:A4変・176ページ
ISBN:9784798168043
https://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798168043

カテゴリー