MARVELによるコミック版ウルトラマン『ザ・ライズ・オブ・ウルトラマン』邦訳版本日発売!「ベムラー」とのスチール写真を使った限定カバー版も!

『ザ・ライズ・オブ・ウルトラマン』を本日8月2日(月)発売

MARVELが円谷プロとタッグを組み、日本の特撮作品『ウルトラマン』を題材としたコミック『ザ・ライズ・オブ・ウルトラマン』
初期のウルトラマンシリーズの物語を再構築したコミックならではの全く新たな物語は、本国アメリカでの刊行後、特撮ファンやコミックファンの間で大きな話題となった。
3月には円谷プロダクションのデジタルプラットフォームサービス「TSUBURAYA IMAGINATION」で邦訳版がすでにデジタル配信されているが、この度ついに翻訳版単行本が発売となった。

中面イメージ
開田裕治氏イラスト

カバーイラストを手掛けるのは、世界的コミックアーティストのアレックス・ロス
巻末には開田裕治氏、後藤正行氏、麻宮騎亜氏ら日本人アーティストらが本シリーズのために描き下ろしたイラストに加え、本編の前日譚となる物語『ウルトラQ』、日本人アーティスト・グリヒルが手がける短編『かいじゅうステップ』も収録。

『ザ・ライズ・オブ・ウルトラマン』 書籍情報

USP…それは地球を怪獣の脅威から護るべく組織された統合科学特捜隊の略称。この国際秘密機関に入隊したばかりのフジ・キキ準隊員は、ムラマツキャップの下、新たな怪異に挑むが、彼女の親友でもあるハヤタ・シン青年の登場で事態は思わぬ方向に進み始める……。

[ライター]             カイル・ヒギンズ、マット・グルーム
[アーティスト]       フランチェスコ・マナ、マイケル・チョー、グリヒル
[訳者]                   秋友克也、石川裕人            
[ジャンル]             アメコミ   
[発売日]                2021年8月2日(月)         
[サイズ/頁数]         B5変形(フルカラー)/152ページ
[価格]                   2750円(税込)
[販売場所]            一般書店、インターネット書店、アメコミ専門店
[著作権表記]         © TSUBURAYA PRODUCTIONS

『ザ・ライズ・オブ・ウルトラマン』 限定版書籍情報

1966年放送の『ウルトラマン』制作時に撮影された、本作で登場する怪獣「ベムラー」とのスチール写真を使った、「店舗限定・日本語版オリジナル特撮カバー版」も以下のアメコミ専門店ほかで限定販売します。

[販売場所]            ヴァースコミックス、ブリスターコミックス、豆魚雷、
         コミックスゾーン、HOMECOMING、あみあみ
*内容は通常版と同一で、カバーのみ異なる仕様。定価は通常版と同じ2750円(税込)。

カテゴリー