『パタリロ!』100巻達成記念「魔夜峰央原画展」池袋にて開催決定!『パタリロ!』『翔んで埼玉』の原画展示

「魔夜峰央原画展」西武池袋にて開催! 

2019年に実写映画の大ヒットで話題になった『翔んで埼玉』や現在101巻まで刊行し、ついに100巻の大台を突破した少女漫画史上最長のご長寿ギャグ漫画『パタリロ!』で知られる魔夜峰央作品の原画展、全国を巡回し開催されていた本展だが、次回はいよいよ、埼玉の首都こと東京池袋にて開催!西武池袋本店での開催となる。

会場では『パタリロ!』の原画の他、『翔んで埼玉』の原画も展示される。また、クラウドファンディングの支援により建立された等身大パタリロ像も初披露となる。
ぜひ本展にて魔夜峰央の独特で耽美な世界観を堪能しよう!

「魔夜峰央原画展」開催概要

【名称】「パタリロ!」100巻達成記念 魔夜峰央原画展 
【会期】2020年11月3日(火・祝)~11月11日(水)  
【場所】西武池袋本店 別館2階=西武ギャラリー 
【入場料】入場料:一般900円 大学生・高校700円 中学生500円(小学生以下無料) 

10月20日にはパタリロ!最新102巻が発売

本展のメインである『パタリロ!』の最新巻は2020年10月20日(火)に発売される。

『翔んで埼玉』同様、2019年に実写映画化も果たしている本作、1978年に『花とゆめ』にて連載を開始し、現在は白泉社のアプリ『マンガPark』にて連載中。

常春の国・マリネラ王国の王子であるパタリロがその破壊的才能をもってさまざまな事件を引き起こすドタバタ喜劇で少女漫画史上最長のギャグマンガである。

実写映画の他、アニメ、舞台とさまざな形で長年愛されている本作。100巻を超えますます盛り上がりを見せる今、まだ未読の方は手に取ってみる良い機会かもしれない。

カテゴリー