マーク・プラット、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮『OSLO / オスロ』配信開始。日本語吹替版キャストの沢城みゆき、平川大輔コメントを掲載

『OSLO / オスロ』2021年6月28日(月)よりU-NEXTにて見放題独占配信開始

マーク・プラット、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮で、オスロ合意の知られざる裏側を描いたHBO映画『OSLO / オスロ』が、2021年6月28日(月)よりU-NEXTにて見放題独占配信が開始された。

トニー賞演劇作品賞受賞をはじめ数々の演劇賞を総なめにし、日本でも坂本昌行、安蘭けいによって今年初上演された同名舞台を、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮で映画化したHBO映画『OSLO / オスロ』。
本作は、1993年、イスラエルとパレスチナ解放機構(PLO)の両代表が初めて和平交渉に合意した「オスロ合意」までの知られざる実話を描いた物語。この歴史的な和平交渉を叶えたのは、1組のノルウェー人夫婦だった。いかにして、お互い会うことすら禁じられ、激しく敵対する両者の対話が実現したのか?なぜ夫婦は危険を顧みず、献身的に寄り添ったのか?イスラエル人、パレスチナ人、そしてノルウェー人による、スリリングな秘密裏の会合、思いもよらない友情、そして静かな勇気が描かれる。

外交官の妻と社会学者の夫のノルウェー人夫婦を演じるのは、ルース・ウィルソン(『ダーク・マテリアルズ/黄金の羅針盤』『ミセス・ウィルソン』)と、アンドリュー・スコット(『007 スペクター』『1917 命をかけた伝令』『Fleabag フリーバッグ』)。
製作総指揮に、マーク・プラット(『ラ・ラ・ランド』、『シカゴ7裁判』、『クルエラ』)、スティーヴン・スピルバーグ(『シンドラーのリスト』『プライベート・ライアン』)が名を連ね、脚本に原作舞台を手掛けたJ・T・ロジャース、監督にエミー賞受賞舞台監督バートレット・シャー、撮影にアカデミー賞に2度輝いた名匠ヤヌス・カミンスキー(『シンドラーのリスト』、『プライベート・ライアン』)と、豪華スタッフが集結。

日本語吹替版キャストコメント

■沢城みゆきコメント

・本作の見どころ
人と人が言葉を尽くしコミュニケーションを試みる姿ってこんなに素敵だったっけかと…それが怒気を孕んでいようとも、対面して会話しているシーンに、コロナ禍なことも相まり、なんだか涙が出て来ました。会話劇って、人間が露わになります。ひたすら話し合いしてるだけだけど、それがこんなにも魅力的!それをいつまでも見ていたい!と思わせられる、そんな作品でした。

・モナ・ユールの役どころについて
…熱く燃えているであろう心の内とはうらはらに、ポーカーフェイスで、嬉しい悲しいといった自らの感情は一切口にせず、″裏方“に徹しようとする…私からすると鉄の女と言って良いのでしょうか、背筋が伸びるような、そんな印象の女性です。しかしながら、両国に和平交渉をさせたいと思ったその初動の心の動きは、私含め多くの方が共感できるはず。しかしながらっ、その後実際に一歩踏み出せる人は…少なかった、いなかったから歴史を作ってしまった、やはり遠い存在です。

■平川大輔コメント

・本作の見どころ
激しい敵対関係にあり、本来直接会うことは許されないイスラエルとパレスチナ解放機構。その代表を秘密裏に集め、和平交渉に向けた面談の場を設ける…。この無謀な計画を遂行したノルウェー人夫婦がどんな想いで始め、どのように困難に立ち向かったのか。また宿敵同士は面談の場でどんな戦いを繰り広げ、「オスロ合意」に至ったのか。観終わった後、現在の両者の状況について考えるきっかけをくれるのではないかと思います。

・テリエ・ロード=ラーセンの役どころについて
妻のモナと共に、「オスロ合意」を叶えるために仲介役として奔走した男性です。イスラエルとPLOの間に挟まれた中間管理職とか、太鼓持ち的な感じに見えるシーンがあったり、「君は何もやっていない」と言われてしまうような時もありますが、彼とモナがいなければ何も始まらなかったのも事実。自身の考えや想いはあれど仲介役という裏方に徹し、全力を尽くすことができる、中身は非常にクレバーな人、という印象を受けました。

作品概要

『OSLO / オスロ』(原題:OSLO)

【配信開始日時】2021年6月28日(月)0:00
【配信形態】見放題
【STORY】1992年12月、ノルウェー首都オスロ。外交官モナ・ユールと、社会学者テリエ・ロード=ラーセンの夫婦は、極秘の計画を遂行していた。それは、敵対するイスラエルとパレスチナそれぞれにアプローチし、対話の場を設けること。当時イスラエル人はパレスチナ人と対面することは法で禁じられており、パレスチナ人にとってイスラエル人に会うことは死罪に値した。非公式のルートを作り出し、ふたりの仲立ちで和平交渉が開始するも、長年怨恨を抱き合う両者の間での交渉は紛糾。果たして交渉の行方はー?

【スタッフ】
■製作総指揮:
マーク・プラット(『ラ・ラ・ランド』、『シカゴ7裁判』、『クルエラ』)、スティーヴン・スピルバーグ(『プライベート・ライアン』、『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』)、クリスティ・マコスコ・クリーガー(『ブリッジ・オブ・スパイ』)ほか
■監督:バートレット・シャー
■脚本:J・T・ロジャース
■撮影:ヤヌス・カミンスキー(『シンドラーのリスト』、『プライベート・ライアン』、『リンカーン』)

【キャスト】 
■モナ・ユール:ルース・ウィルソン(『ダーク・マテリアルズ/黄金の羅針盤』、『ミセス・ウィルソン』)
■テリエ・ロード=ラーセン:アンドリュー・スコット(『007 スペクター』、『1917 命をかけた伝令』、『Fleabag フリーバッグ』)
■アハマド・クレイ:サリム・ドゥ(『テルアビブ・オン・ファイア』)
■ウリ・サヴィール:ジェフ・ウィルブッシュ(『アンオーソドックス』)

【吹替版キャスト】
■モナ・ユール:沢城みゆき(『ルパン3世』シリーズ 峰不二子役:三代目、「報道ステーション」ナレーションなど)
■テリエ・ロード=ラーセン:平川大輔(『鬼滅の刃』魘夢(下弦の壱)役、『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』花京院典明役など)

© 2021 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

カテゴリー