幸福度高い人が『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を観ても落ち込むのか?【観たら鬱になる映画 VS ハッピーな俺】

ヤマダマイ

どうも~!1年近くにわたる転職活動が無事終わり、解放感マックスの人間です◎

一時期はストレスのせいか白髪が増えることもありましたが、今ではご飯もおいしいし、夜はぐっすり眠れていますzzz

こういう元気な時にこそ企画記事を書こうと思ったなかで、以前書いた『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』の企画記事(寝落ち推奨映画を全然眠くない筆者が観ても寝てしまうのか?という企画)を思い出しました。

そして思いついたのです…!幸福度が高いときに、鬱映画の代名詞『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を見ても人は落ち込むのか?…と。

【検証方法】

とはいえ、気持ちを数値化するのって、かなり難しいな…!

今回はかなり乱暴ですが『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の鑑賞前と鑑賞後でお笑い番組を見て、それぞれの笑った回数を比較したいと思います!

お笑い番組は筆者が在宅勤務時の昼休憩によく見て、ゲラゲラ笑っていた「相席食堂」にしました。

【検証手順】

  1.幸福度の高い状態で「相席食堂」を鑑賞し、笑った回数を記録

  2.『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を鑑賞。

  3.その直後「相席食堂」を鑑賞し、笑った回数を記録
  4.①と③で笑った回数を比較。
  ③の数が①を下回らなければ筆者の勝ち。

下回れば『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の勝ち。

ざっくりいうと「HAPPYな状態で『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を見れば、その後にお笑い番組を見ても笑顔は取り戻せるはず…」という(謎)理屈で勝負をします。笑顔を取り戻せなければ、それほど『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の持つ衝撃はすさまじい…ということになります。

ちなみに最後に『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を見たのは10年以上前なので、正直あのラストシーンくらいしか記憶がないです…。

鑑賞する「相席食堂」を選ぶ

在宅勤務時代、昼休憩のお供に鑑賞していた「相席食堂」。

この番組を見てからというものの、映画でぶっ飛んだシーンを見るたびに頭の中であのスイッチが押される病にかかりました。

アマゾン プライム・ビデオなどにて配信されている当番組ですが、今回は「相席食堂 神回」で検索した際、上位にあったエピソードを鑑賞することにします。(参考URL→https://ranking.net/rankings/best-aisekishokudou-kamikai

ただ参考URLにある1,3,4位はすでに鑑賞していたので、2位の「シーズン3・8話(パンサー尾形&サンシャイン池崎)」と5位「シーズン3・5話(〇吹きの回)」を鑑賞しました。

負けたくないのでバフをかける

前回の『スリープ』の企画記事であっけなく敗北した筆者。今回も負けたくない一心で、ネットで「幸福度の上げ方」について調べて、幸福度のバフをかけることにしました。(別に勝ったところで誰からも褒められないのに…)

今回はなるべく鑑賞直前に行える幸福度UP作業に絞っています。

感謝の日記を書いて「感謝力」を高めよう

https://studyhacker.net/seven-abilities-happiness
幸福度をあげる手法として、さまざまなサイトで紹介されていたのが「日々の感謝を日記で書いてみる」というもの。

実際は毎日書いたほうが効果的ですが、一週間にまとめて書くのもアリとあったので、実際にやってみました!

こんな感じでしょうか。あらためて感謝の気持を文章にしてみるのは小っ恥ずかしいですが、素直な自分になれて自己肯定感が上がる=幸福度UPに繋がっている感じはありました。(ちなみに保険の営業さんからは「かなり前に届いた書類の確認をお願いします!」と追加の返信もいただきました!)

10分間だけ運動する

https://studyhacker.net/how-to-be-happy
コレ、季節が春秋とかだと良かったのですが、真夏日に家から自然のあるところに行こうと思うと、それだけで幸福度が下がりそう…。

ただ、何もしないよりはマシだと考え、好きな音楽を聞きながら家の近所を少し散歩しました。もともと散歩は好きだし、何も考えずに散歩をすると、日々の小さな悩みくらいは気にならなくなった感じはありました。

人に対して親切なことをする

幸福度を上げるには?具体的な7つの方法とウェルビーイング

突然人に親切な(しかも企画のため)ことをするのは若干違和感があるので、今回は自分のタイミングでできるものとして、募金をしてみました

今回はNPO法人「犬と猫のためのライフボート」の活動を支援することにしました!(人のためじゃないし、500円だけではありますが…)

いろんな活動を調べるなかで、保護活動の現状をいたずらに悲観的な演出で見せず、公式サイトの内容も分かりやすく親切だったため、こちらに募金することに。

たぶん現金で募金したほうが実感も湧くのでしょうが…汗 ネットは自分が応援したいと思える団体や活動を探したり比較できるのがよいですね!

グルーミング(ペットと触れ合う)

https://www.starbucks-kenpo.or.jp/my_wellness/mindset/list15.php

いつもやっていることなので盲点でしたが、人やペットとの触れ合いも幸福度をあげるそうです。

先日レビュー記事を書いた『ルー、パリで生まれた猫』の公式サイトにも、「ゴロゴロセラピー」と題して、猫をなでるとエンドルフィンという幸福感をもたらすホルモンの分泌を促すと記載されていました。

ほかには幸福度を上げるだけでなく、うっかり下げてしまわないよう、規則正しい生活(日付が変わる前に就寝)や、SNSの閲覧も控えました(ネガティブなポストは凹むので)

【検証開始】「相席食堂 シーズン3・5話」鑑賞

本戦前に「相席食堂」を鑑賞しましたが、なんと45回笑っていました。笑い上戸すぎる。今回はなんか勝てる気がしてきました。フゥーー!

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』鑑賞

最後の鑑賞が10年前なので、あの衝撃のラスト以外はあまり良く覚えていませんが、観るのにかなり気合を入れました…。

今からあの過酷すぎる運命を目の当たりにすると思うと、妙な緊張感さえあります。 

今回はあくまで検証がメインなので、感想は簡潔にまとめます。

  • ビルがクズすぎる…。
  • いち労働者としては、仕事で詰められているセルマを見るだけで幸福度が下がりそう…。
  • 金を盗んだのに開き直って「返すから」とか言ってるビルがとにかくヤバすぎる
  • 金のトラブルは本当に怖い
  • 死刑が迫る中、セルマの「私は少しも強くなかった…」というセリフは、自分は強くあり、人に頼らなくても平気と思っていたことへの後悔か…?
  • ビルはヤバい

なんでこんなヤバい奴(ビル) のことを忘れていたのか…。この映画の最悪な意味でキーパーソンなのに…。

そしてラストシーン。あんなにもメンタルに来るものだったか…?というくらいキツかったです。

正直、鑑賞後はしばらく打ちひしがれていました。そしてこんな企画を考えた自分を呪いました。あまりにもバラエティ番組を見る感じじゃないのよ…。

「相席食堂 シーズン3・8話」鑑賞!その結果は…?

神回として第2位に君臨するシーズン3・8話で15回しか笑えませんでした。惨敗じゃん……。 

メモにある35回は番組中に千鳥の2人が「ちょっと待てぃボタン」を押した回数。35回のツッコみどころに対して15回しか笑っていないあたり、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』が人の感情に与える影響力は計り知れない…。

なんなら開始10分間は全く笑うことができませんでした。

サンシャイン池崎のネタがセルマ破滅の原因とダブる

↑全然関係ないけど、サンシャイン池崎が着ているTシャツがラリー・クラーク『KIDS』のパロディになってるのジワる。

最近はすっかり保護猫活動おじさんのイメージが強いサンシャイン池崎ですが、彼には自分の預金残高とキャッシュカードの暗証番号を大声でバラす持ちギャグがあります。

そしてセルマが破滅の道をたどることになってしまう最大の理由は、ビルのクソ野郎にうっかり貯金の話をしてしまったからです。

図らずしもサンシャイン池崎のギャグとセルマ破滅のキッカケがダブってしまい、ますます落ち込んでしまう筆者でした。

パンサー尾形の身を削るギャグが自己犠牲のセルマとダブる

とはいえ、15回は笑顔を取り戻せている筆者ですが、そのすべてはサンシャイン池崎のギャグです。パンサー尾形のギャグはひとつも笑えませんでした。

これはパンサー尾形のギャグがつまらないわけではなく、”体を張る”を通り越して自己犠牲に近い笑いの取り方ばかりをしているからです。

尾形がひとりでパンツ一丁のまま雪に埋もれたり、ダチョウと絡むために坊主にしたり、源泉に落ちたり、泥まみれになったりする。その様子を見るたびに、裁判の延長を拒絶して死刑になってまで、息子ジーンが手術を受けるために自己犠牲を選んだセルマを思い出してしまうのです。

セルマとギャグをダブらせるなんて、ガチファンの人が聞いたら私は地獄の炎で焼かれるでしょう。しかし、どうしても頭をよぎってしまう…。あまりにも尾形とセルマは相性が悪すぎる…。

一方でサンシャイン池崎のギャグは勢いだけなので、1週回って少しずつ安心して笑うことができました。陰鬱な映画を観て沈んだ時は、彼のネタを見ると早く立ち直れそうです。

どうすれば勝てたか?

今回は日々の不安や苦悩から解放され、幸福度が高まっていた状態で負けました。

これが例えば「宝くじで1000万円当たった!」とか「家族が増えた!」とか「長年の夢が叶った!」とか、めっちゃ幸福度アゲなときに鑑賞すれば勝てたのでしょうか?

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』は「天国から地獄」という話ではなく、慎ましい生活をしている主人公が、様々な要因によって悲劇的な運命をたどるストーリーです。

観る側がどんな幸福度の高いシチュエーションであっても、あらゆる幸福の状況がセルマの悲劇へ紐づくのではないか…。(パンサー尾形やサンシャイン池崎のネタがセルマとダブったように)

どれだけハッピーな人間でも『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の前では無力…そう考えてしまうのでした。はじめから勝てる戦いではなかったのです…………。

【検証結果】

幸福度マックスの人が鬱映画の代名詞『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を鑑賞すると…

これが…

こうなります。対ありでした……………。

created by Rinker
¥2,388 (2024/06/18 07:36:52時点 Amazon調べ-詳細)
最新情報をチェックしよう!