【ヒャッハー!シリーズ】クソバカパリピ映画『真夜中のパリでヒャッハー!』を観よう!【息苦しい時代だからこそ…】

いろんな自粛が叫ばれる中で重なった、誹謗中傷などモラルに関する話題…。しんどい時期が長く続いて「もうたくさんじゃー!」って爆発してしまう前に、観て欲しい作品があります。

それは…

『ヒャッハー!』シリーズです!

『ヒャッハー!』シリーズとは?

『ヒャッハー!』シリーズとは、フランス人俳優フィリップ・ラジョーが主演・監督を務めた『真夜中のパリでヒャッハー!』(14)、『世界の果てまでヒャッハー!』(15)などの”おバカコメディ”のこと。
邦題の末尾に「ヒャッハー!」がつくことからこのように表されています。船橋市のゆるキャラとは無関係。
なお原題は『Babysitting』とヒャッハー要素ゼロですが、邦題もちゃんと内容にあっているから不思議です。
日本では先に『世界の果てまでヒャッハー!』が公開され、話題になったことから前日譚として『真夜中のパリでヒャッハー!』が公開されました。正式な続編ではありませんが、同監督・キャストによる『アリバイ・ドット・コム カンヌの不倫旅行がヒャッハー!な大騒動になった件』(17)もあります。

ちなみにフィリップ・ラショーは『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』(19)でも監督と主演を務めている人物です。

アクション大作となった『シティーハンター THE MOVIE』とは打って変わって、『ヒャッハー!』シリーズは低予算かつモラルの欠片もない連中がやりたい放題(ダブルミーニング)な作品であるため、万人におすすめしにくいのが実情です。
でも、今の時期だからこそ全力で解放されているコイツらを観てほしい気持ちも強いのです。

クソバカパリピ in 社長の家『真夜中のパリでヒャッハー!』

あらすじ

フィリップ・ラショーの監督デビュー作で、記念すべき『ヒャッハー!』シリーズ第一弾。
大手出版社に勤めるフランク(ラショー)は、自分の誕生日パーティが開かれる夜に、社長から息子・レミの子守を頼まれます。
パーティを断り社長の豪邸を訪れると、反抗期真っ只中のレミに翻弄されるフランク。
さらに悪友であるアホのアレックスと、女好きのサムが社長の豪邸でサプライズパーティーを開き、パリピが押し寄せ馬鹿騒ぎをはじめーー。

翌日、社長とその妻が警察に呼び出され自宅に戻ると、豪邸は観るも無残な姿になっていました。しかもフランクとレミの姿がありません。
警察は現場に残されていたカメラの映像を再生すると、そこには想像を絶する様子が収められていたのです…。

(C)Rudy Waks-Axel Films-Madame Films-Cinefrance 1888-Good Lap Production

基本的には、主人公フランクと少年レミが徐々に仲良くなっていくという、温かいストーリーがメインになっているのですが…。どんどん社長の豪邸に押し寄せてくるバカパリピたちのおかげで、だいぶ感動要素が持っていかれています。
勝手に酒造からワインを持ってきたり、部屋の中でBBQしたり、水槽の魚にドラッグを飲ませる、器物破損、わいせつ物陳列など、モラルのモの字もない馬鹿騒ぎっぷり。みんな逮捕で間違いナイトプール!

(C)Rudy Waks-Axel Films-Madame Films-Cinefrance 1888-Good Lap Production

そういえば現場にタトゥー彫っているパリピもいたんですけど、海外ではパーティー会場にタトゥー彫師がいるのは普通のコトなんでしょうか?
だとすると、『ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える』(11)で、目が覚めたら顔にタトゥーが入っていたというのも、実はよくある話だったりして…。

コメディらしからぬカメラワークも必見

(C)Rudy Waks-Axel Films-Madame Films-Cinefrance 1888-Good Lap Production

一見底なしのパリピムービーかと思うかもしれませんが、本作の大半はハンディカムで撮影した映像という設定のため、ワンカット(風)の映像がいくつか登場します。これが「どうやって撮影したんだ?」と言いたくなるくらいカメラワークが面白いんです。

例えばフランクたちが遊園地からゴーカートに乗って脱出するというシーンがあります。(なんでそうなったのかは説明が面倒大変なので、是非本編を確認してみて下さい!)これがなかなか激しいカーチェイス。魔改造でもされたのかと思うくらい、公道を走る車をゴーカートがどんどん追い抜いていきます。ゴーカートは運転席がほぼ地面なので、道路スレスレの緊張感もたまりません。遊園地でゲットしたぬいぐるみが某ゲームのパロディという細かい芸も見られます。

ちなみに本作で”全てやりきった感”があるのですが、彼らのはちゃめちゃっぷりは、迷惑なことに国をまたぎます。

おバカ in ブラジル『世界の果てまでヒャッハー!』

続編となる『世界の果てまでヒャッハー!』では、フランクたちが旅行先のブラジルで、またしても人様に迷惑をかけてしまうというおバカコメディ。
フランクたちは旅行先の洞窟探検ツアーに参加するも遭難してしまい、捜索隊が見つけたカメラで、行方不明になったフランクたちの手がかりを見つけようとしますが…。

前作同様、フランクをはじめとする当事者は現場に不在。残された人が残されたカメラ映像を観て、彼らのみに何が起きたのかを知る形式で進みます。

なお環境問題、動物愛護、先住民の生活、老人介護などの課題をすべて踏みにじる、倫理観が欠落したネタは健在。よく怒られないなあと不思議な気持ちになります。

(C)ALEX FILMS – MADAME FILMS – M6 FILMS – CINEFRANCE 1888

本作はパリピこそ登場しませんが、フランクたちのおバカっぷりがより全面に出ているのが特徴的。とりわけ諸悪の根源はアホのアレックス(カメラ担当)ですが、アホのくせに「恋人とする際、自分の名前を叫びながら絶頂を迎える」という恥ずかしい性癖がバレるなど、アホらしからぬ災難に遭っていました(自業自得)。

兎にも角にも外出自粛が叫ばれる中、こいつらだけはずっと外出自粛してほしいと心底思えるコメディです。

前作を超える狂気の演出とカメラワーク

(C)ALEX FILMS – MADAME FILMS – M6 FILMS – CINEFRANCE 1888

今回はフランクの恋人のおばあちゃんを連れて洞窟体験ツアーに行くも、ガイドを半殺しにしてしまい遭難するという筋書きになっています。

勘のいい人はお気づきかもしれませんが、このおばあちゃんがなかなかの曲者。
罵詈雑言はもちろん、フランクに恋人の元カレの写真を見せびらかしたり、フランクたちが飛行機で脱出しようとすると、電動カートに乗って追いかけてきます。これも魔改造されたのか、離陸しようする飛行機を追い抜いてました。

また、死を恐れぬおばあちゃんの破天荒っぷりもすごいです。
もうご高齢だし、下から上へとお迎えがあってもいいくらい(失礼)なのに、上から下へ派手に降りていく演出が2回もあります。現役バリバリでした。

前作以上に頭のおかしいカメラワークも見どころ。おばあちゃんの爆走電動カートを始め、フルチ◯スカイダイビングのシーンなど、どうやって撮影したのか気になるものばかりです…。

(C)ALEX FILMS – MADAME FILMS – M6 FILMS – CINEFRANCE 1888

あとやっぱり根はパリピなので、窮地をみんなで脱出できても、やることは抱き合うとかじゃなく自撮り裏ピースでした。

悩んだり疲れたときこそ『ヒャッハー!』を観よう!

(C)Rudy Waks-Axel Films-Madame Films-Cinefrance 1888-Good Lap Production

こうして映像でパリピを眺めていると、やはり面白おかしなところがたくさんあります。某ネオ渋谷系漫才がブレイクするのもうなずけるというものです…。彼らを観ていると、悩みを持っていることさえアホらしく感じてしまいます。

『ヒャッハー!』シリーズはamazon prime videoでも配信されているので(2020年6月現在)、いろいろ考えすぎて疲れたという人も、(筆者を含む)普段から何も考えずヘラヘラしてる人も『ヒャッハー』シリーズでヒャッハー!しませんか?

P.S
『真夜中のパリでヒャッハー!』では『スクリーム4 ネクスト・ジェネレーション』(11)と『ディパーテッド』(06)のネタバレ、
『世界の果てまでヒャッハー!』には『127時間』(10)のネタバレが含まれているのでご注意下さい。

ABOUT US

ヤマダマイ
TS○TAYA→ミニシアター勤務を経て映画ライターをやっています。 謎な映画まとめ記事や、ネタ系ドキュメンタリー映画が好きです。 インドアなのに映画Tシャツを見ると買ってしまうのが最近の悩み。 あと映画ライターと名乗っておきながら、考察記事を書くのは死ぬほど苦手…。(観るのは大好き) Twitter→@serial_mai

カテゴリー