DCコミックス×モーニング第一弾は『ULTRAMAN』コンビが描くバットマンや、ジョーカーの子育て漫画が連載

『BATMAN JUSTICE BUSTER』『ワンオペJOKER』

講談社「モーニング」とDCコミックスとの共同プロジェクト第一弾として、『BATMAN JUSTICE BUSTER』と『ワンオペJOKER』がモーニングでの連載が決定した。
2021年4・5合併号(2020年12月24日木曜発売)より『BATMAN JUSTICE BUSTER』、同2021年6号(2021年1月7日木曜発売)より『ワンオペJOKER』の連載が開始する。

『BATMAN JUSTICE BUSTER』は、Netflixにて配信され話題となったアニメ『ULTRAMAN』の清水栄一×下口智裕コンビが描くバットマンのオリジナルストーリーとなり、『ワンオペJOKER』は、ジョーカーがワンオペ子育てに奮闘するという異色のストーリーとなっている。

DCと日本の共同作品は近年ならば鷹の爪とのコラボ企画や、『ニンジャバットマン』など、元の作風や作家の作風を出しつつもDCキャラの魅力を引き出す面白い映像作品が多かったが、今回「漫画」作品として描かれる両作品にも期待が高まる。

『BATMAN JUSTICE BUSTER(バットマン ジャスティスバスター)』

作品公式Twitterアカウントhttps://twitter.com/batman_morning

清水栄一×下口智裕
代表作:『鉄のラインバレル』『ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3分間~』『ULTRAMAN』など
「モーニング」2021年4・5合併号より

『ワンオペJOKER』

 

作品公式Twitterアカウント
https://twitter.com/oneope_JOKER

原作:宮川サトシ(みやがわ・さとし)
作画:後藤慶介(ごとう・けいすけ)
「モーニング」2021年6号より

カテゴリー