『シャークネード』シリーズレビュー/それは神話の始まりと終わり

はじめまして。えのきと申します。
老若男女、生きとし生ける人々全ての人々がサメ映画を愛することが出来ない現実の悲しみを減らさねばならない、という天啓を得て、脳髄がサメに貪り尽くされ、シェイクされ、髪の毛から足の爪の先に至るまでサメの魂が漲った結果「俺はアカシックレコードに接続された!神は実在する!俺が究極の人間だ!」となったので、サメ映画の紹介をすることにしました。
よろしくお願いします。
「俺の人生はこのためにあったのかもしれない……」
そう、思いながら文章を書いています。僕は本気です。

さて、第一回は『シャークネードシリーズ』です。
サメ映画は古典的名作として『ジョーズ』B級的な王道と徹底したサプライズの一つの完成系である『ディープ・ブルー』などが出てきますが、近年のサメ映画の一つの極致をあげるのならば『シャークネード』は絶対に欠かせません。

シャークネードのコンセプトはシンプルです。「サメ×台風」その名の通りです。
第一作のあらすじは、ロサンゼルスへサメを巻き上げた強大なハリケーン、シャークネードが上陸。街を浸水させ、空からサメを降り注がせ全てを台無しにしていきます。事態の重さに気づいた主人公、フィン・シェパードは離婚調停中で別居している家族たちを守るために助けに向かう……というものです。

作中で「どこに行くの。サメは空からも来る」といった台詞が乱舞し、台風で飛ばされた結果、弾丸のごとくサメが人に突撃し、噛み付くだけでなくサメが全身を人間に叩きつけて殺していく様を見ると「これはサメである必要があるのか?」などと考える方もいるかもしれませんが、当然サメは空を飛べるし、世界を巡るし、あと宇宙にもいくし、時空は超えるので空を飛ぶ程度で疑問に思ってはいけません。世界の真実から目を背けるな。

信じろ、信じろ、信じろ……っ!

信じるんだ!俺は真実を言っている!俗世間に飲まれるな!お前はただ真実と向き合う気持ちだけを持てばいいんだ!

……失礼、取り乱しました。
しかし、ただのバカ映画ではありません。

『シャークネードシリーズ』の物語の骨子は二つあります。
それは愛と逃れられぬ業です。
シャークネードは主人公である、フィンの物語です、フィンと家族の物語と言っていいかもしれません。 
第一作では別居中で崩壊していた家族が、シャークネードを乗り越えることで家族を再生していきます。シリーズを重ね、新たな家族が生まれ、家族で世界を救う物語へと発展していきます。
しかし、同時に第一作からフィンの業は語られています。家族を構わず、他の人を優先したと妻のエイプリルは語ります。第二作でも「他の人にやらせたら? 立派だとは思うわよ。でも私の夫と息子を救った。それで十分でしょ」と妹に言われたりします。
それでもフィンは止まりません。いつでも「センタ・パラタス(ラテン語で備えは万全)」と語り、チェンソーを片手にシャークネードに立ち向かいます。
第一作ではロサンゼルスを救い、第二作ではニューヨークを救い、第三作では宇宙へ飛び出し、第四作では核燃料を飲み込んだシャークネードであるヌークリアネードと戦い、前後篇となる第五作、最終作では世界、そして時空を超えた戦いとなります。

シャークネードは加速し続けます。毎回の「これ以上は無理っしょ」という視聴者の予想を裏切り圧倒的なスケールで見た人々を熱狂、発狂させます。
ですが、そこで思います。

 ——本当にフィンが望むのはその戦いなのか?

フィンの望みはただ一つ。家族と友人達と過ごす幸福に満ちた日々です。
それでもフィンはシャークネードを決して放置できず、戦い、打ち倒す。しかしその度にシャークネードは加速していく。フィンの守るべき家族ですら、ある者はサイボーグとなり戦いへ身を投じます。ただの奮闘から英雄譚に、英雄譚から神話へ。それは映画を見る我々がシャークネードの更なる暴走を期待するのに呼応するように激化していきます。
その破綻は、第五作で訪れます。

シャークネードという熱狂の果て、取り返しのつかない終わり。守り続けてきた仲間と家族の死。

全てを失った果てにフィンは最後の戦いに臨みます。過去のスケールを超える、時空を超えたシャークネードと歴史との戦いです。

サメが時空を超える!『シャークネード ラスト・チェーンソー 4DX』

そして、シリーズの逃れられぬ業により加速しきった物語の幕引きは、本当にこの世の歴史に比べればちっぽけな、しかし決して消せぬ愛により成されます。
それを冗談だと笑う人もいますが、僕は最終作を4DXで見た時、揺れ動き、飛沫を激しく撒き散らす映画館の座席で静かに涙を流しました。
それは英雄であることを、神話であることを求められ続けた主人公、フィンが本当に求めていた終わりだったからかもしれません。

近年のサメ映画における極致の一つ、シャークネードシリーズ。一風変わった一大シリーズを、これを機に見てみるのはどうでしょう?
それではまた次回! センタ・パラタス!

4/4 追記
シャークネードシリーズは現在、U-NEXTですべて視聴可能という情報をご提供いただきました。
1ヶ月間無料視聴可能ですので、ぜひこの機会にお試しください。

ABOUT US

えのき
えのきと申します。ムービーナーズのライター募集を見て「老若男女にサメ映画を見せたい」という衝動に駆られ、手をブルブル震わせながら申し込んでライターになりました。「それで手が震えるの、人生に置けるサメ映画の比重、間違ってるでしょ」と友人に言われました。サメ映画以外も見るけどサメ映画が好きです。

カテゴリー