『おばあさんの皮』予告編本日解禁!加藤小夏が皮を被りおばあさんに変身!

SSFF & ASIA 2021 ショートフィルム『おばあさんの皮』

米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)2021において、世界の美的感覚から日本古来よりある「侘び寂び」や「粋」に代表される日本人特有の美的感覚を探る企画の一環である、「日本各地に眠る文化や昔話のエッセンスを含む短編ストーリーを創作し、短編映画化するプロジェクト」では、今年で10年となる東日本大震災で被害を受けた福島の民話「姥皮(おっぱの皮)」から生まれた短編小説「おばあさんの皮」(大前粟生 著)を原作に、同タイトルのショートフィルム(監督:井上博貴)を制作。本日、予告編が解禁された。

本編は6月21日(月)午後9時より日本博特別サイトにて公開予定。

『おばあさんの皮』
19:56 / 日本 / ドラマ /2021
監督:井上博貴
原作:「おばあさんの皮」 (福島県の民話「おっばの皮」より着想)  大前粟生
キャスト:加藤小夏/浜野謙太/金澤美穂/片桐はいり/高橋惠子

あらすじ:「美人とかいわれるのが嫌だった」。
故郷の福島県三島町から上京する途中、立ち寄った土湯温泉で「おばあさんの皮」を手渡された京子。皮を被っておばあさんに変身し、気になる男性の心のうちを探ろうとするが……

『おばあさんの皮』出演者・監督・原作者情報

​キャスト:加藤小夏
1999年、東京都出身。中学生の時に原宿でスカウトされ、 以後数多くのCMに出演。スカパー!連続ドラマ『I”s』で、 700人規模のオーディションを経て、 ヒロインの一人 麻生藍子役に抜てきされ連続ドラマ初出演を果たす。 また、W主演したWEB動画「春」が、 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018」の 「BRANDED SHORTS」部門において、「SUNRISE CineAD Award」を受賞。 現在は連続ドラマ初主演となる「取り立て屋ハニーズ」に出演中(dTVチャンネル・ひかりTV)

キャスト:浜野謙太
1981年8月5日生まれ。神奈川県出身。
バンド「在日ファンク」のボーカル兼リーダー。映画『婚前特急』への出演をきっかけに俳優活動も本格化し、主な出演作は映画『ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-』『闇金ウシジマくん Part3』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』『おいしい家族』『くれなずめ』など。2021年前期朝ドラ『おかえりモネ』への出演、映画『夏への扉』『鳩の撃退法』の公開が控える。

キャスト:金澤美穂
1994年、神奈川県出身。2007年 TBS系愛の劇場『愛のうた!』で女優デビュー。 以後、テレビ、映画、舞台にて活躍中。代表作に映画「容疑者 X の献身」、 「心が叫びたがってるんだ。」、NTV「あなたの番です」、NHK連続テレビ小説「エール」がある。 2009 年 TAMACINEMA FORUMにおいて 第1回TAMA映画賞最優秀新進女優賞を受賞。 映画最新作は「哀愁しんでれら」 (2021年2月公開)

キャスト:片桐はいり
1963年、東京都出身。成蹊大学文学部日本文学科卒業。映画館・銀座文化劇場でもぎりのアルバイトをしながら俳優活動を開始。80年代より舞台を中心に、テレビ、映画へと活動の場を広げる。
近年は松尾スズキや小野寺修二の舞台にも多数出演し、ドラマでは海女さんや先生、拘りの有る研究者など七変化の個性派俳優として活躍している。また、現在も俳優業の傍ら、「映画への恩返し」として地元の映画館のキネカ大森で時々もぎりのボランティアをしている。最新作は映画「キネマの神様」(2021年8月6日公開)「愛のまなざしを」(2021年公開)

キャスト:高橋惠子
1955年、北海道出身。 1970年の「高校生ブルース」で関根恵子(旧芸名)で主演デビュー。 以後、テレビ、映画、舞台、CMで50年以上に渡り数多くの作品に出演。 映画の代表作に「TATOO(刺青)あり」(1982)、「花物語」(1989)、「ふみ子の海」(2007)などがある。 第3回 「朝日舞台芸術賞」 秋元松代賞(2004)、第62回 「毎日映画コンクール」 女優助演賞 (2008) 、第64回 「毎日映画コンクール」 田中絹代賞 (2010)など受賞歴をもつ。

監督:井上博貴
2009年に映画『パニック4ROOMS』で監督デビュー。 2017年新宿シネマカリテにて上映されたオムニバスホラー映画『狂い華』内の1篇、堀田真由主演『呪いうつり』の監督・脚本を担当。 またショートフィルム『痣』は、カンヌ国際映画祭「SHORT FILMS FROM JAPAN 2018」にて上映。 「SSFF&ASIA 2018」ジャパン部門、ベストアクトレス受賞ほか、国内外で高い評価を得た。 2019年にはCINEMA FIGHTERS PROJECT第3弾オムニバス映画『その瞬間、僕は泣きたくなった』内の1篇、 『魔女に焦がれて』の脚本&監督を務める。 2019年劇場公開「40万分の1」、2020年劇場公開「新卒ポモドーロ」「LOVE STAGE」の脚本&監督を担当。 2020年SSFF & ASIA クリエイターズ支援プロジェクト、剛力彩芽主演「傷跡」の脚本&監督を担当。

原作者:大前粟生
小説家。92年兵庫県生まれ。著書に小説集『のけものどもの』(惑星と口笛ブックス)『回転草』『私と鰐と妹の部屋』(書肆侃侃房)『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』『おもろい以外いらんねん』(河出書房新社)『岩とからあげをまちがえる』(ちいさいミシマ社)

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア  2021 概要

■映画祭代表:別所 哲也
■フェスティバルアンバサダー:LiLiCo(映画コメンテーター)
■開催期間:6月11日(金)~6月21日(月)
※オンライン会場は4月27日(火)~6月30日(水)
■上映会場:オンライン会場および
表参道ヒルズ スペースオー、
 iTSCOM STUDIO & HALL二子玉川ライズ、
渋谷ストリーム TORQUE SPICE & HERB,TABLE & COURT
赤坂インターシティコンファレンス(赤坂インターシティAIR)含む
都内複数の会場にて ※開催期間は各会場によって異なります
■料金:無料上映 / 無料配信 ※一部、有料イベントあり(予定)
※5月12日(水)より予約開始
■一般からのお問い合わせ先:03‐5474‐8844
■オフィシャルサイト: https://www.shortshorts.org/2021
■主催:ショートショート実行委員会 / ショートショート アジア実行委員会

カテゴリー