サンタの休日は超ご機嫌! 『ファーザー・クリスマス』

マシーナリーとも子

男と生まれたからには、誰でも一生の内一度は夢見る「サンタクロースはクリスマス以外の日はなにをやっているの?」という疑問──。 『ファーザー・クリスマス』とは、「オフシーズンのサンタ」を描いたアニメのことである!

というわけで今日は大好きなアニメ『ファーザー・クリスマス』の話をします。絵本作家? 漫画家? のレイモンド・ブリッグズによる同名の本を原作にしたアニメ作品です。氏の作品でほかに有名なものでいうと『スノーマン』がありますね。

スノーマン。内容は知らなくてもこのビジュアルは知ってるという人はいるんじゃないだろうか

これね~~超ちっちゃい頃に与えられて大はしゃぎで死ぬほど見てたアニメなんですよ。物心とともにあるような作品なワケ。それがいつのまにかPrimeVideoで配信されてたので大喜びですでに4回くらい見ました。何度見てもおもしろい。

「完全に夏なのにクリスマス作品をおすすめするなんてなにを考えてるんだ」と仰る人類もいるかもしれないけどご安心を。このアニメ、誰もが一度は考える「オフシーズンのサンタはなにをしてるの?」に向き合った楽しいアニメなんですわ。

ソリを私用に使うサンタ!

作品を通じてめちゃめちゃボヤいてくるサンタ。結構鬱憤が溜まってるらしい

まさに仕事を終えたばかりのサンタが温まっている様子から始まる本作。ひとしきり休まったあとサンタは画面の向こうの我々に向けて愚痴り始めます。

「どうせ1年に1度しか仕事しないなんて羨ましいと思ってるんでしょう!?」

いや……どうでしょうね……。このアニメが作られたイギリスとかだとなんて言われてるかは知りませんけど日本だと「夏は金魚とか売ってんじゃね―の?」とか言われてますよ……。

畑仕事をしている様子が映されるがどう見ても趣味程度にしか見えないしこれで生計を立ててるとは思えん

「とにかく家の掃除やペットの世話や畑仕事で忙しいしこんな生活にはほとほと嫌気がさしてるんだ」と宣い始めるサンタ。ぼやき家なんですねえ、ニコラウスさん! だから今年はいっそのこと豪遊してやろう、と経緯を話し始める……のだけど、これがとにかく楽しい〜、ハッピーな気分にしてくれる素敵なお話なんです。

数多くの旅行先からサンタが選んだのはフランス。オシャレしてウマいもんいっぱい食うぞ! と決めたサンタは自慢のソリをキャンピングカーに改造し始める……。

吹き替えの上條恒彦氏によるボヤキのリズムが実に心地よく、楽しく見られます

蜘蛛の巣にまみれた自慢のソリを、フランス語講座を流しながらノコで木を切り釘を打ち、溶接までして改造していくサンタ。
ほんの数分のパートながら妙に工程が細かく、楽しい気分になる! ワクワクするのよね〜! 『アイアンマン』の冒頭、洞窟の中でアイアンマンMk−1を作るシーンはワクワクしますよね。我々は工作シーンが大好き……。

アタシも空飛ぶソリとトナカイが欲しい!!!

そしてサンタは飛び立つ。自作の改造キャンピングカーをトナカイに引かせて……。
このシーンもいいんだよなぁ〜〜。「俺は空飛ぶトナカイとソリがあるから飛行機なんていらないぜ」と言うのが大変いい。常人とは異なる特殊能力を持つ者が、その能力を日常を豊かに過ごすために使うシーンが大好き。

俗っぽく豪遊する聖人最高説

そしてここからの旅行パートが楽しい楽しい。
フランスにたどり着いたサンタはおしゃれをしてうまい飯を食い、酒をガブガブ飲んで大はしゃぎ。

フランスで精一杯お洒落したカッコが結構かわいい

だが水が合わなくて下痢に!
仕方がないので水がきれいなところ……とスコットランドに移動。ここでも飛行は自前なので移動も気軽なもんというメリットを最大限に活かして気ままに場所移動してくれます。いいなあ〜!

そしてスコットランドではガバガバウィスキーを呷りまくる。このサンタ酒ばっかり飲んでるな!!!

スコットランドでのタスクはマジで飲酒しかない

だがせっかく寒さを凌ぐために旅行を決めたのにスコットランドは寒すぎることに気づいた(バカ!)サンタは趣向を変えてネバダにGO!
紆余曲折の末に辿り着いたラスベガスがめちゃめちゃ肌にあって超楽しくなってしまうサンタ。ここがあまりに俗っぽくて最高!

 サンタなんて結構さあ、神聖な空気があるじゃん。それなのにめちゃめちゃガブガブ酒飲むしステーキやフライドポテトに大喜びするしカジノでスッて悪態をつくしプールでトロピカルジュースを飲む! 神秘さ皆無!!!

美しい文化、フランス! きれいな自然、スコットランド! と巡った末にベガスってサイコー! ってなるサンタ、最高すぎませんか。ここがいいんだよ。

サンタだから、サンタって子どもたちに優しい夢の存在だから心が温まる自然で素敵で神秘的な日常を送る! それもできると思うんですよ。なんだろう、たとえばムーミンみてえなさ。

金に汚いサンタ、結構新鮮かもしれん

でも本作はそうじゃない。豪奢な遊び最高! 金! 肉! 女! とサンタが、私たち庶民が想像するような贅沢な遊びを堪能しつつ、しかもそれに虚しさとか覚えたりせずにずっと楽しむ。それがなんだかめちゃめちゃうれしい。オイラもラスベガスに行ってみたいよサンタさん!

お仕事描写も超楽しい

うんざりするほどサンタの家に届く手紙。そうだよな。願いに全部目通さないといけないから大変だよな

散々遊びつくした後半ではいよいよ本業に移るサンタを見せてくれるんだけどここもいいんだよ〜! 
子どもたちからの大量の手紙に苦労するサンタとか、クリーニング屋から仕事着を引き取るサンタとか、「クリスマスは雪!」の予報を聞いて心からうんざりするサンタとかとにかく「本当にサンタがいたらこうだよなあ!」と思わせてくれるようなリアル系描写が出てきてほんと楽しい〜!
「なぁんでクリスマスは冬にあるんだろうなッ!」じゃないんだよオタクらのボスの誕生日だろうがよ!

プレゼントを配る途中でも腹は減る

この本業シーンはミュージカル形式になっていて素敵な映像と音楽でまた気持ちよくなれてとってもハッピー。また吹き替えと本音声の歌が全然違和感なくてすげーんだわ。ナイスキャスティング!
なんかこの歌がめちゃめちゃ良く、単にノスタルジーを刺激されてるだけかもしれないけど今でも聞くだけで泣けます。

サイレントものな元ネタ通り、スノーマンたちは喋らないのがニクい演出になっている

サンタだって大仕事の後は打ち上げするんだ! ということで仕事を終えたあとにスノーマンとパーティするのも超いい。っていうかスノーマン! スノーマン出てきちゃったよ!

このアニメを初めて見た時、前提としてすでに『スノーマン』見てた私はここですげーびっくりしちゃったのよ。スノーマンが出てきちゃっていいんだ! って。私が生まれて初めて経験したクロスオーバーかもしれないなあ。

仕事を終えたサンタを家で待つものとは……!?
なんて劇的な展開はそこまでないけど、最後まで自然体で等身大なサンタを見せてくれてほっこりとさせてくれる本作。
サンタクロースは、超人ではない。ただ子どもたちが大好きなだけのそのへんにいるジジイなんだ! それを肯定的に見せてくれてとにかく楽しく、ビジュアルも歌も素晴らしく、それでいて30分しかない!!! 

サンタクロースが嫌いな奴はそもそもそんなにいないだろうが、あえて言わせてもらうぜ「サンタがもっと好きになること請け合い!」と……。今夜早速、ご飯でも食べながらゆったり見るのはいかがかな。きっと幸せな気持ちになれるよ。

created by Rinker
¥306 (2024/05/26 02:09:38時点 Amazon調べ-詳細)
前回のとも子

マシーナリーとも子 チャイナ服、持ってますか? ニーハオ マシーナリーとも子よ。みんなは、「映画の影響でやっちゃった」みたいなことって、あるかな? 『バトルシップ』を見たあとにブリトーを食べたくなってセブンイ[…]

最新の海外アニメ記事

最新情報をチェックしよう!