映画『ヒットマン エージェント:ジュン』レビュー!荒ぶるweb漫画家のアクションに刮目せよ!

韓国映画では、ときどき冗談かと思うようなストーリーが存在する。

潜入捜査のためにチキン店を営業したら繁盛してしまい、捜査が後回しになってしまう『エクストリーム・ジョブ』(19)や、神父と格闘家が手を組み、闇の司教と素手でバトルするアクション・エクソシズム『ディヴァイン・フューリー/使者』(19)などなど…。

そしてついに韓国映画は、暗殺者とweb漫画家を融合させるという離れ業を成し遂げた。
その映画は『ヒットマン エージェント:ジュン』

『ヒットマン エージェント:ジュン』

(C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

幼い頃から身寄りがなく、漫画家になることが夢だった主人公ジュン

両親がアスリートかつ、自分は喧嘩がめっちゃ強いというだけで、対テロ保安局の局長・ドッキュにスカウトされ、地獄のような訓練を積むことに。

その結果、暗殺も請け負う特殊部隊“猛攻隊”のエースとして活躍する日々を送っていた。

しかしジュンは漫画家の夢を諦めておらず、デビューを目指して自らの死を偽装する。
身分を偽って、あらたな漫画家人生をスタートさせるのだ!

しかし、漫画家への道は、暗殺要員になるより険しかった。

伝説の暗殺者が今、web漫画界に放たれるーー。

(C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

ジュンが死を偽装して15年後。

新たな人生を手にして描いた漫画「爆笑少林寺」の評価は酷評の嵐だった。
「つまらん」「クソすぎる」は当たり前。中には「食欲が失せる」など、およそ常人には理解できない酷評を受けている。

いくら”猛攻隊”と恐れられたジュンも、酷評を前に涙目
というか、暗殺要員でなければとっくに筆を折るレベルの罵詈雑言だ。

しまいには「IPアドレスから身元を割って○してやる」など、洒落にならない暗殺要員ジョークまで飛び出す。

ある日、ジュンは酔った勢いで“猛攻隊”時代のエピソードを漫画として描き上げる。
「そんな、ジョン・ル・カレじゃあるまいし…」と思ったが、なんとジュンは実際の事件とその中心人物を実名で出す、ガチガチのノンフィクション漫画を描いてしまう。

“猛攻隊”の存在は、いわば『ボーン』シリーズでいう「トレッドストーン計画」のようなもの。
それを「俺が猛攻隊で活躍してたときの話」みたいな漫画で暴露してしまったのだ。

当然、”猛攻隊”を生み出した対テロ保安局のお偉方は激怒。
スパイ、情報漏えいなど、あらゆる線で漫画家の正体を暴こうとする。

さらには、ジュンが瀕死の傷を追わせた国際テロリスト・ジェイソンまでもが漫画を読み、ジュンの命、そして彼の家族を狙う。

元暗殺者の哀愁をコミカルに描く

(C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

ここで、15年の歳月をかけてweb漫画家としてヒットを目指すジュンの日常を見てみよう。

まず、彼には妻と娘がいる。

娘が中学生くらいなので、死を偽装してからすごいスピードで結婚、子どもを作っている。言いたいことは色々あるが、やめておこう。

ジュンは嫁の稼ぎで飯を食っている上に、娘からも「私の夢が叶うのが先かもね」なんて言われてしまう。一家の主には程遠い扱いである。
終始家にいるので、服装もヨレヨレのロンTにジャージ…。

稼ぎが無いので、少しでも収入の足しにするため、土方のバイトもする。
しかし公式な社会経験がないので、意地悪な先輩にいじめられては、また暗殺要因ジョークが飛び出す…。

(C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

そんな茨の道を進む、元暗殺要因と売れないweb漫画家を演じ分けたのは、『探偵なふたり』のクォン・サンウ。
最近では、賭け碁の世界をハードに描く『鬼手』(19)でも主人公を演じ、囲碁だけでなくバキバキの肉弾戦も披露している俳優だ。(囲碁と肉弾戦?)

本作のようなweb漫画家×暗殺要因という役も、彼にとっては朝飯前なのかもしれない。

出戻りしたほうがいい!キレキレのアクション

(C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

web漫画家として売れないジュンだが、15年のブランクが合っても、アクションのほうは抜群である。
一人で複数の敵をなぎ倒し、完全武装した傭兵たちを、ヨレTジャージ姿で完膚なきまでにぶちのめす。
もう普通に”猛攻隊”に戻ったほうがいいのでは…と考えたくなるほど鮮やかなアクションシーンの数々は必見。

それだけでなく、ジュンが描いた暴露漫画「暗殺要因 ジュン」の内容は、アニメーションで描かれる。
このアニメもかなり見ごたえがあり、実写もアニメもアクションが楽しめる1度で2度美味しい作品でもあるのだ。
画風はちょっとアメコミっぽいが、色使いが違うなど、他国の漫画と比べてみても面白いかもしれない。

『ヒットマン エージェント:ジュン』と愉快な対テロ保安局員たち

(C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

かなり回りくどい説明になったが、『ヒットマン エージェント:ジュン』とは、web漫画家に転身して、対テロ保安局の実話を漫画にしたことで、保安局と漫画に登場するテロ組織に命を狙われるストーリーである。

結構ハードモードな展開だが、これがかなりコミカルな映画なのだ。
というのも、対テロ保安局とは名ばかりに、登場人物は軒並み頭ゆるゆる。
そのため、笑わずにはいられない仕様になっている。

ジュンをスカウトし「人間兵器」までに育て上げた鬼教官ドッキュ(チョン・ジュノ)は、緊張感がなさすぎる。
ジュンを幼い頃から尊敬するチョルという後輩も、暴露漫画を描いた先輩に甘々である(これはこれで可愛げが合って良い)

(C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

特に個人的に好きなのが、対テロ保安局の次長である。
これだけコミカルな作風なのに、こいつ(失礼)だけ、ナ・ホンジン監督作品から引っ張ってきたのかというほど、素行が悪い。
部下の顔にツバを撒き散らしながら罵声を浴びせ、失態を犯せばすぐ殴る。物に当たる。
上司として尊敬できる要素が壊滅的にない。

おまけに他人の意見に一切耳を傾けないため、作中のほとんどで暴走している。
こいつ、よく今まで暗殺されなかったな…と感心するレベルである。
やはり上司がダメだと、組織もダメなんだなあと、改めて感じさせるキャラだった。

でも『ボーン』シリーズもシリアスでありながら、CAIが束になってもボーンに敵わないあたり、『ヒットマン エージェント:ジュン』が特別おバカ映画というわけではないのかも…?

そんな”ゆるキャラ”揃いの対テロ保安局と、ジュンのバキバキアクションが融合した”ゆるバキ”スパイ・アクション『ヒットマン エージェント:ジュン』は9月25日(金)公開予定です。

映画『ヒットマン エージェント:ジュン』作品情報

(C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

監督・脚本:チェ・ウォンソプ
キャスト:クォン・サンウ、チョン・ジュノ、ファンウ・スルヘ、イ・イギョン、イ・ジウォン、ホ・ソンテ
上映時間:110分
製作国:韓国(2020)
配給:アルバトロス・フィルム
公式サイト:https://hitman-movie.jp/

ABOUT US

ヤマダマイ
TS○TAYA→ミニシアター勤務を経て映画ライターをやっています。 謎な映画まとめ記事や、ネタ系ドキュメンタリー映画が好きです。 インドアなのに映画Tシャツを見ると買ってしまうのが最近の悩み。 あと映画ライターと名乗っておきながら、考察記事を書くのは死ぬほど苦手…。(観るのは大好き) Twitter→@serial_mai

カテゴリー