Netflixオリジナルアニメシリーズ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』監督決定&レオンとクレアのキャラクターPVが解禁

Netflix『バイオハザード:インフィニット ダークネス』監督は『海猿』『MOZU』シリーズの羽住英一郎

「バイオハザード」シリーズ初の連続CGドラマとして2021年7月、Netflixにて全世界独占配信される『バイオハザード:インフィニット ダークネス』。

「バイオハザード」シリーズの25周年を彩るCGアニメ最新作で、初の連続CGドラマとなる本作を手がけるのは、『海猿』シリーズ、『MOZU』シリーズ、『太陽は動かない』など、日本を代表する大作実写作品で高い評価を博している羽住英一郎
本作で初のアニメ作品を披露する羽住監督は「長い歴史と多くのファンがいる作品に関われる事に、プレッシャーよりも素直に喜びの方が勝っています。フルCGアニメですが、普段自分がやっている実写の撮影に近いキャメラワークやライティングの雰囲気に極力寄せる事により、よりライブ感が出る様に意識しました。「バイオハザード」シリーズのファンは勿論ですが、そうでない方たちにも、楽しみながら一気に観ていただけたら幸いです」と、新たな挑戦に挑む喜びと抱負を語った。

壮大な物語を盛り上げる音楽を担当するのは、映画・テレビドラマ・アニメーションを中心に、ドキュメンタリーや、ゲーム音楽など、ジャンルにとらわれず幅広い分野で活躍している菅野祐悟
菅野は「これまでの「バイオハザード」より、たくさんの精神を継承しつつ、新しい世界観を構築しようと試行錯誤しながらチャレンジさせていただきました。また、Netflixで配信されることを意識し、海外の方々に観てもらった時にも楽しめるよう、ハリウッド映画のスケール感を意識しました。羽住監督から、いつもと同じ、詳細なオーダーを頂きましたので、とくにアニメーションとして意識して制作したような感覚はありませんでした。むしろ、今、”あっそういえばそうでしたね”という感じです(笑)」と、世界中で愛されている「バイオハザード」らしさを表現するため、工夫し続けた日々を振り返った。

レオンとクレアの【キャラクターPV】解禁

解禁となったのは、レオンとクレアにフォーカスされた【キャラクターPV】。
ハッキング事件の捜査のためホワイトハウスに召集されたレオンは、福祉施設建設の陳情に訪れたクレアと偶然の再会を果たす。クレアは、難民支援のために訪れた国で手に入れたた奇妙な”少年の絵”を差し出すが、何かを悟ったのか、レオンは「危ないことだけはするなよ」と言い残して去っていく。そんなレオンにクレアが「スーツ似合ってないわよ」と声をかける。突如停電したホワイトハウスに出現した正体不明のゾンビと闘うレオンと、奇妙な少年の絵の真相を探るクレア。二人がこの先立ち向かうことになる”真の恐怖”が、ここから始まる・・・。

ホラー、アクション、サスペンスが織り成す「バイオハザード」の世界、アクションドラマの申し子・羽住監督による壮大な演出、映像表現の限界に挑んだ美しくもリアルな最先端の3DCG、そして菅野祐悟によるダイナミックな音楽によって、かつてない壮大なスケールで送る新たなエンタメ超大作として登場。
Netflixオリジナルアニメシリーズ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』は、2021年7月、Netflixにて全世界独占配信。

羽住英一郎  コメント全文

Q.これまで数多くの人気のアクション作品など、実写作品で確固たるキャリアを築かれていますが、今回は、初のアニメ作品であり、また世界中で人気のIPである『バイオハザード』の3DCGシリーズを監督されるにあたっての意気込みをお願いいたします。

長い歴史と多くのファンがいる作品に関われる事に、プレッシャーよりも素直に喜びの方が勝っています。自身初となるフルCGアニメへの挑戦は、素晴らしいスタッフ達に助けられて何とか完成まで連れていって貰った感覚で、本当に感謝の気持ちで一杯です。
フルCGアニメですが、普段自分がやっている実写の撮影に近いキャメラワークやライティングの雰囲気に極力寄せる事により、よりライブ感が出る様に意識しました。キャラクター達も多くの人に愛されているので、そのファン達を裏切らない様に描いていく上で、モーションキャプチャーの俳優達そしてボイスアクター達が、レオンやクレアを演じているキャスト達であるというのも心強かったです。

Q.世界中のファンに愛されている『バイオハザード』シリーズの大人気キャラクター、レオンとクレアですが、今作ではどのような点を引き出したいと思いましたか?

エグゼクティブプロデューサーの小林さんからヒントをいただき、正義感の強い若いレオンと果てしない闘いに少し疲弊してきた感のある『バイオハザード:ヴェンデッタ』の2014年時代のレオンとの中間に位置する2006年を描く事により、白か黒ではないややビターな立ち位置に彼を立たせ、スクエアなクレアとの対比も描く事にしました。
スーツ姿のレオンはその象徴として重要なキービジュアルですが、スーツ姿もカッコよく着こなしてくれたので、流石はレオンだなと思いました。

Q.本作はNetflixにて190カ国に配信されますが、世界中のどんな方にご覧頂きたいでしょうか?また世界配信に当たって何か意識されることがありましたらお願いします。

英語圏への台詞の英訳には文化や風習を含めてADRディレクターのアレックスが、モーションキャプチャーの時から長い期間尽力してくれたので、非常にありがたかったです。
プロデューサーの篠原さんからオファーを頂いた時に、サスペンス色を打ち出したいとのオーダーがあったので、「6年前のペナムスタンの戦地で何があったのか?」という謎をきっかけに、時間軸をシャッフルさせつつ裏向きに置かれていたカードが徐々に捲られていく様な構成にしました。
バイオのファンは勿論ですが、そうでない方たちにも、そのあたりを楽しみながら一気に観ていただけたら幸いです。

菅野祐悟 コメント全文

Q.これまで、様々なジャンルの作品の音楽を手掛けていらっしゃいますが、今回、本作の音楽を制作するにあたり意識したこと、また『バイオハザード』らしさを出すための工夫など何かありますでしょうか?

世界的な人気シリーズ作品なので、これまでの『バイオハザード』を見させて頂き、たくさんの精神を継承しつつ、新しい世界観を構築しようと試行錯誤しながらチャレンジさせていただきました。また、Netflixで配信されることを意識し、海外の方々に観てもらった時にも楽しめるよう、ハリウッド映画のスケール感を意識しました。

Q.羽住監督と一緒に手がけてきた過去の実写映画・ドラマ作品の現場ではなかった”新しい気付き”やアニメ作品現場だからこその発見、より気を配った点などがありましたら、お聞かせください。

実写映画やドラマの時と特に変わらずに、アニメーションを見ながら羽住監督から、いつもと同じ、細かい印象や映像をこう見せたいというような詳細なオーダーを頂きましたので、とくにアニメーションとして意識して制作したような感覚はありませんでした。むしろ、今、「あっそういえばそうでしたね」という感じです(笑)

Q.本作の楽曲制作にあたり、羽住監督と共有したテーマやイメージなどはどのようなものでしたでしょうか?また監督とコミュニケーションする過程で印象に残った話がありましたらお聞かせください。

ゾンビ作品ですが、音楽で怖がらせすぎてしまうとバイオハザードにならないということが、羽住監督との最初のトレーラーのデモ音源のやり取りでわかりました。しかし、怖くなくてもダメなので、そのあたりのバランスをデモ音源で羽住監督と共有し、試行錯誤しながら作曲しました。

Netflixオリジナルアニメシリーズ
『バイオハザード:インフィニット ダークネス』作品概要

正式タイトル:『BIOHAZARD:Infinite Darkness』
(読み:『バイオハザード:インフィニット ダークネス』)
 原作・製作・監修:株式会社カプコン
 監督:羽住英一郎
 エグゼクティブプロデューサー:小林裕幸(株式会社カプコン)
 CGプロデューサー:宮本佳
 フル3DCGアニメーション制作:Quebico
 制作プロデュース:トムス・エンタテインメント
 音楽:菅野祐悟
 コピーライト:©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
 日本語吹き替えキャスト:
 レオン・S・ケネディ:森川智之
 クレア・レッドフィールド:甲斐田裕子  他

 配信日:Netflixにて2021年7月、全世界独占配信
 Netflix作品ページ:www.netflix.com/biohazard_anime

◆STORY
2006年、アメリカ合衆国の象徴、ホワイトハウスが何者かにハッキングされた。大統領管轄の極秘ファイルに不正アクセスの痕跡が見つかったのだ。捜査のため召集された合衆国エージェントのレオン・S・ケネディ達は、突如停電したホワイトハウス内で正体不明のゾンビ達と遭遇、SWATと共にそれらを制圧する。
一方、テラセイブの職員クレア・レッドフィールドは難民支援のために訪れた国で、失語症の少年が描いた奇妙な絵と出会う。ウィルス感染者を描いたと思われるその絵をきっかけに独自の捜査を進めるクレア。翌朝、福祉施設建設の陳情のためホワイトハウスを訪れたクレアは偶然レオンと再会し、少年が描いた絵を見せる。ホワイトハウスでのゾンビ事件と奇妙な絵の関連性に何かを悟るレオンだったが、クレアには関係ないと言ってその場を立ち去る。遠く離れた国で起こった2つのゾンビ発生事件は、やがて国家を揺るがす事態へと発展していく。

カテゴリー