ピザを食おう!そして『ミュータント・タートルズ』の話をしよう

なぜかピザ=夏のイメージがある。ピザといえばタートルズだな。

1枚買うと2枚無料になる「デリバリーLサイズピザを買うとMサイズピザ2枚無料!」のキャンペーンでも話題となったドミノピザが8/1から、持ち帰り限定で「ドミノ・デラックス」Mサイズを600円で販売するキャンペーンを開始した。
公式HP:https://www.dominos.jp/topics/2208_value

メニューでも「夏のよくばりクワトロ」なんてピザがあったり、同業他社のピザハットは「ピザハット 夏の肉ピザフェスティバル」なんてキャンペーンを開催したりしている。

夏はピザがホットな時期なんだな

ピザといえばやはり何と言っても『ミュータント・タートルズ』をイメージする人が多いだろう。
『タートルズ』は2014年、16年にマイケルベイ製作の実写映画版が公開され話題になったことが記憶に新しい作品だが、これまで6作の実写作品が公開され、その他アニメシリーズやゲーム作品など豊富に展開し続ける長寿コンテンツだ。
どの媒体でも基本設定はだいたい共通しており、薬物の力で人間のような姿と知性を獲得したが忍術(と言うよりはカンフー的なアクション)を使いつつ忍者の一族等と闘いを繰り広げるといった内容が基本となる。登場する亀のキャラクターはピザが好物だ。冷静に考えると正気ではない設定だな。

原作は1984年に刊行されたアメコミで、1987年にはアニメシリーズも始まり、そこからだいたい10年周期でアニメシリーズも展開されている他、バットマンとの共演やパワーレンジャーへのゲスト出演など話題が絶えない人気作品だ。

そんな『タートルズ』だが、ドミノピザのキャンペーンと同様に今ホットな話題がいくつかあるのでここで紹介しよう。

過去作13タイトル収録の『The Cowabunga Collection』と完全新作の発売

実写映画やアニメ作品の知名度も高いが、ゲーム作品の評価も高いのが『タートルズ』の凄いところだ。
ベルトスクロール型のアクションゲームを中心にこれまでヒットを飛ばしてきたゲーム版タートルズを13作品も収録したクラシックゲームコレクション『Teenage Mutant Ninja Turtles: The Cowabunga Collection』が今月末8月31日(水)に発売される。

収録タイトルは以下の13タイトル。

  • 1. T.M.N.T. スーパー亀忍者
  • 2. 激亀忍者伝
  • 3. T.M.N.T.
  • 4. T.M.N.T. 2:マンハッタンプロジェクト
  • 5. T.M.N.T. タートルズインタイム
  • 6. T.M.N.T. ミュータントウォリアーズ
  • 7. T.M.N.T. リターンオブシュレッダー
  • 8. T.M.N.T. トーナメントファイターズ
  • 9. ティーンエイジミュータントニンジャタートルズ
  • 10. ティーンエイジミュータントニンジャタートルズ2
  • 11. ティーンエイジミュータントニンジャタートルズ3 タートルズ危機一発
  • 12. Teenage Mutant Ninja Turtles: Turtles in Time ※日本語非対応タイトル
  • 13. Teenage Mutant Ninja Turtles: Tournament Fighters ※日本語非対応タイトル

私(ガトリングチワワ)が特にオススメなのが、SFCで発売された『T.M.N.T. タートルズインタイム』だ。
タートルズの世界観を表現したコミカルな雰囲気やビビッドな色使いに気分が高揚するゴキゲンなゲームだが、何と言ってもやはり音楽が最高なゲームで、下水道ステージで流れる音楽はゲーム音楽の中でも上位に好きなBGMだ。

6:20~ sewer surfin’

『T.M.N.T. タートルズインタイム』をはじめとした傑作が13タイトルも収録されている半端じゃなくホットなゲームの発売のみならず、8月25日には6月に発売され大好評を博している『ミュータント タートルズ:シュレッダーの復讐』のパッケージ版も発売される。
クラシックタイトルを彷彿とさせるベルトスクロール作品である本作は、1987年TVアニメシリーズの声優陣による音声が収録され80~90年代を思い返させるような懐かしい空気感の作品となっている。

このように8月はタートルズゲームが非常に熱い時期になるが、ゲーム作品だけではなく、映像作品でも話題のトピックがある。

2023年セス・ローゲン版『ミュータント・タートルズ』公開決定

『ソーセージ・パーティー』や『The Interview』の製作や、最近だと『ライオン・キング』への出演等で知られるセス・ローゲン製作のタートルズが2023年8月11日に公開することが決定している。
ちょうど1年後くらいだが、来年の夏も熱く盛り上がりそうだ。

『The Interview』でも共同製作を行ったエヴァン・ゴールドバーグが製作に加わることが報じられているため、非常にコメディ色が強い作品になるのではないかと予想するが、タートルズのキャッチーでコミカルな雰囲気をセス・ローゲンがどのように表現するのか期待が高まる。

Twitterには多くの作品でタートルズのリーダーを務めるレオナルドが書いたとされるメモ等も公開されており、タートルズファンは公開までセスのTwitterを要チェックだ。

忘れちゃいけない90年版実写タートルズを観て欲しい

タートルズの実写版映画といえば、今ではマイケルベイ版のイメージが強いが、90年公開の実写版の味わい深さも忘れてはならない。

セサミストリートで知られる、TVプロデューサーのジムヘンソンがキャラクターデザインを担当したリアルかつかわいいタートルズがピザを食べたり宿敵シュレッダーと戦ったりする映画なのだが、本作はアメリカで1億3500万ドル以上の興行収入をあげ、1990年にアメリカで公開された映画の中で興行収入5位となる大ヒット作となっている。

そうしたヒットを受け、3部作としてそれぞれ92年、93年に続編が公開されているが、2・3は日本でもDVD化されているため今でも視聴自体は難しくないものの、1作目はDVD化されておらず非常に視聴難易度が高い作品なのがネックだ。

日本語の収録はないものの、海外版Blu-rayがAmazonで比較的安価に購入可能なので、英語がある程度できる方や雰囲気だけでも楽しみたい方はぜひ初代実写版タートルズをご覧いただきたい。
本作が熱い理由として、脚本を手掛けたボビー・ハーベックが、機会があればリブートしたいと仄めかしたことがある。
もちろん、制作が進行しているような具体的な話ではないが、マイケルベイ版のゴツいタートルズとも異なる、ゆるふわな感じのタートルズがもちゃもちゃとピザを食べる姿をまた観たいファンは多いだろう。そんなファンの思いが実現することをうっすら期待しつつ、ピザを食べて連日続く猛暑を乗り切ろう。

カワバンガ〜!!!!

カテゴリー